彼女いない歴=年齢は諦めた方がいいの?32歳で脱童貞した男の経験談

この歳まで彼女いない歴年齢で来てしまいました。もう諦めるべきでしょうか?

職場に出会いも期待できず、マッチングアプリを試しましたが、すぐ嫌われます。

ジムでも通えば彼女できますか?

このように「彼女いない歴=年齢だからもう彼女作りは諦める」という方はめちゃくちゃ多いんです。

でも、彼女いない歴=32年だった僕からすれば、まだ諦める必要はないと思います。

というのも、少しの勇気と人並のお金、彼女を作る意欲さえあれば、ブサイクでも口下手でもライバルをぶち抜き、後ろめたさを手放して堂々と生きていくことが出来るからです

それは僕自身の経験から言えることです。

「童貞は恥ずかしいことではありません。」

と言っているのを聞いても、自分の心の中でスッキリしない部分があるはずです。

童貞じゃなくなることは、特別なことじゃないけど、”童貞じゃなくなる”ことで心の曇りが晴れることは確かです

彼女いない歴=年齢を卒業するために、ゴールから逆算する

彼女いない歴=年齢を卒業するために必要なことは次の3つです。

1.身だしなみ

2.女性慣れ

3.セックスへの不安の解消

3.は意外と見落としがちです。

童貞だった頃の僕の一番の足かせは、セックスへの不安です。

大人になってからの恋愛に、セックスは欠かせないものです。

付き合う時の1つのゴールと言ってもいいでしょう。

しかし、童貞の頃はセックスに自信を持てるはずがありません。

経験がないから当然と言えます。

彼女いない歴=年齢が長くなればなるほど、臆病になっていくのは女性に求められることが増えているような気がするからです。

・女性を上手にエスコートできなければ…

・恋愛経験が無いなんて言えない…

「おっぱいを見たい」「ギンギンの息子を女性のあそこに突っ込みたい」という好奇心より、不安の方が勝ってしまうんです。

僕はまさにそんな感じで、女性といい雰囲気になっても逃げてばかりいました。

ゴールからの逆算した場合、セックスへの不安を多少なりとも減らしておくことが大切です

今のあなたは、不安がとてつもなく大きい状態なんだと思います。

人は不安が大きすぎると、行動に移せません。

経験していないことに対して、不安が完全に消えることはありません。

不安より期待が少しでも上回れば、行動出来ます。

不安を減らす方法は、まず”知る”こと

あなたも新卒で就職する時は、不安でしたよね?

・面接に行く前

・初出勤日

・仕事を覚えられるかどうか

面接に行く前に、その企業について調べたり、面接練習をした経験がありますよね?

内定をもらっても、まだ不安が大きくて口コミを調べた経験がありませんか?

研修をへて配属され、1ヶ月2か月と仕事を知るうちにだんだん不安がなくなっていった経験がありませんか?

就職前に持っていた不安は、入社して3ヶ月、6か月と時間が経つごとに忘れ去られていきます。

会社の先輩・同期にはどんな人がいるのか、どんな業務を担当するのか、取引先はどんな人たちかなど、分かれば分かるほど不安が消えていくのが分かりますか?

仕事をしていても、初めて担当することなどは緊張感もあると思います。

これは初対面の女性や童貞を卒業しても、その女性と初めて過ごす夜なんかは、少なからずドキドキするものです。

しかし、大まかな流れややるべきことが分かっていれば、多少の緊張感は気持ちよく感じるはずです。

でも、ド新人でいきなり「この仕事お願い。」と丸投げされても、何をしたらいいのかわからないと思います。

恋愛もこれと同じで、女性のことを知れば知るほど彼女を作ることは、それほど難しいことじゃないことも分かってきます

研修で座学で学んでも、現場に出たら意外とわからないことも多くあります。

しかし、座学で学んだ知識があるから不安を消せるのも事実です。

1.身だしなみ

2.女性慣れ

3.セックスへの不安の解消

彼女を作るために全てに言えることは、”女性が好むもの“を知ろうということです。

恋愛は釣りに似ています

タイを狙うなら、タイが釣れる場所で、タイが好きなエサをつけて、釣り糸を海に投げ込む。

彼女を作りたいなら、彼氏が欲しいと思っている女性が多い場所で、女性が好む清潔感を身につけ、女性が喜ぶ言葉を投げかける。

冒頭で、『少しの勇気と人並のお金、彼女を作る意欲さえあれば』と言ったのはこのためです。

僕が32歳で彼女いない歴=年齢を卒業するためにやってきたことを包み隠さずお話します。

女性が好む身だしなみに少しのお金を使いました。

美容院代やワックス代、服などです。

女性慣れするために、ペアーズで出会いを量産するために毎月3,000円使っていました。

時には、複数のマッチングアプリを使っていたこともありますが、出会いがない現状を打破するために、最低1つは登録しておかないと彼女を作ることが難しくなります。

女性に好かれるための会話術を学ぶためのお金と、教材で学んだことを女性に試す少しの勇気が必要でした。

女性の喜ぶ顔を見るたびに、どんどんやる気もわいてきます。

童貞時代の最大の恐怖、セックスへの不安を事前に最小化するために、こちらもしみけんさんの教材でセックスの流れを把握しました。

「そこまでやる必要ある?」と思うかもしれません。

女性と身体を重ねた後、「イったの初めてかも…」という言葉を聞くと、しみけん先生に学んでおいて良かったなと思いました。

ほとんどの男性は、自分が気持ちよくなるだけの独りよがりのセックスをしているようです。

だから、100人斬りとかいう男性に臆する必要はありません。

その男性は、セックスするまでは天才的に上手いのかもしれません。

でも逆を言えば、多くの女性と関係を継続できなかったり、リピーターがいないということです。

だから、彼女いない歴=年齢の恋愛初心者の男性が、ライバルをぶち抜くのは簡単なんです。

彼女いない歴=年齢の男性が彼女を作るためには?

それでも多くの男性が彼女いない歴=年齢を脱出できないのはなぜでしょう?

それも冒頭でお話した3つの要素で説明がつきます。

1.身だしなみ

2.女性慣れ

3.セックスへの不安の解消

3に関しては、知識を先に入れておけば、不安はある程度解消されますが、1と2をクリアしないと実体験はできません。

だから、1と2に注力すれば、彼女が出来ないわけがないんです。

1.身だしなみ

身だしなみは、外見と内面のすべての印象を指します。

・ネガティブ→ポジティブな方が好かれる

・服はサイズ感を大切にする→ダボッとした服は、だらしなさを連想させる

・月一で髪を切る→髪を切った直後のサッパリ感は最高の清潔感

→1,000円カットで問題ないが、一度は美容室に行き女性美容師に似合う髪型のアドバイスをもらったり、セットの仕方を教えてもらう

・眉毛、鼻毛を整える→超絶イケメンでも鼻毛1本で全てが台無しになる

・太っている→理想は細マッチョ

内面は少し時間がかかりますが、外見はすぐに変えられます。

実際モテなくても、”モテそう”な印象を与えられるようにしたいところ

心理学でバンドワゴン効果と言うんですが、多くの人が選ぶものを自分も選んでしまうようなことを言います。

【バンドワゴン効果】

流行りや周りの評判がいいということを判断材料にしてしまう心理

行列のできるラーメン屋。

Amazonやホットペッパーで良い口コミが多い。

こういった評判に影響されたことはありませんか?

だから、髪型や服装を最大限いいモノにして印象をよくすることが、彼女を作る第一歩です。

2.女性慣れ

印象を良くすることで、女性と会話できる段階に持ち込める率を上げます。

出会う→デートの段階を繰り返すことで自然と女性慣れしていきます。

出会い方はマッチングアプリでもジムでも良いんですが、口下手や女性慣れしていないという自覚があるなら、マッチングアプリが圧倒的にいいです

それは、実際のリアルな会話より、メッセージの方がじっくりと考える時間があるからです。

メッセージで上手くやり取りできるようになると、会話も上達します。

でも逆はありません。

メッセージのやり取りでも、嫌われるのに瞬発力が求められるリアルな会話で好かれるのは至難の業です。

だから、多くの女性と出会い、女性慣れするためにはマッチングアプリから入るのが最適です。

僕も実際、マッチングアプリで多くの女性とやりとりして、デートを繰り返したことで、リアルの会話でも女性が喜ぶツボとかコツを掴めるようになりました。

彼女いない歴=年齢の男性に最適な出会いの場所は、マッチングアプリ以外にありません

マッチングアプリは真剣度の違いはありますが、基本出会いを求めている女性ばかりなので、一番難易度が低いです

マッチングアプリで出会えないとなると、婚活パーティーに行ってもジムに行っても、出会えるけどそれ以上の発展は難しいと思います。

3.セックスへの不安の解消

身だしなみを整え、マッチングアプリで出会いを量産している間に、事前知識だけは入れておきましょう。

女性慣れして、会話力が向上すると、女性と身体を重ねることになります。

実体験をすることで、頭で理解していることと、実践した時のズレを徐々に修正していきます。

始めから上手くいかないかもしれませんが、知識のあるなしは大きな違いを生みます。

知識が無い中、正解も分からず手探り状態なのか。

知識があって、実際とのズレだけ修正するのか。

どちらが簡単かを想像するのは、難しくないはずです。

彼女いない歴=年齢を卒業するためには、女性を知ること

彼女いない歴=年齢でも諦める必要はありません

恋愛を勉強している男はほとんどいないので、びっくりするくらいすぐ勝てるんです。

大事なことなので、この3つの大枠さえ押さえておけば問題ありません。

あとは、実践あるのみです。

彼女いない歴=年齢でも諦めるのはまだ早い!ライバルをぶち抜く方法

1.身だしなみを整える

→第一印象を良くして、女性と会話できる機会を最大化するため

→会話できる女性が増えるほど、彼女が出来る確率は上がる

2.女性慣れする

→女性とのデートを重ねると、会話中に余裕が出来る

→5人とデートできると、1人に固執しなくならなくなるから余裕が出来る

3.セックスへの不安の解消

→臆病さを手放し、最後の”詰め”ができるようになる

女性に媚びを売るわけじゃないですが、女性が好むものを提供できると彼女は出来るようになります。

これまで全くモテなかったなら、そのために多少の努力は必要になるのが現実です。

諦めるのは勝手ですが、少し女性心理や会話術を学べば勝てるので、とてももったいないですよ。

では、よき恋愛ライフを!

2件のコメント

日常生活でこれまで彼女が見つけられなかった男にはマッチングアプリというのは有力な手段だと思います。
その一方で、一向に出会えない(ネット上の非モテ救済サイトでは大抵マッチングアプリをすすめていますが)という書き込みがたくさん見られます。
出会えてもホテル代別2とかそんな話ばかり。業者じゃなくても高望みはしなくてもえらいのが出てきたら帰っていいのかとか、ホテルまで行けたのはいいが出てきたら怖いお兄さんが待っていたとか
出会えてる人がいないとは申しませんが、出会えてない人もたくさんいるのではないか。出会える人は何が秀でているものがあるのではないか。あるサイトには、ネットでない恋愛のような力が求められるとありました。
私はマッチングアプリで女性に慣れるどころか会える気が全くしないのですが。

しんやさん、コメントありがとうございます。

ご指摘の通り、マッチングアプリで出会えない方がおられるのも承知しております。
私も実際に、ホテル代別2と送ってくる女性に出会ったアプリもありました。
一方で、マッチングアプリで出会ってデートした女性たちや、結婚した今の妻もマッチングアプリ経由というのも事実です。

年収が高いのであれば、相手を自動的に紹介してくれる結婚相談所もアリだとは思いますが、月額費が高いのが難点です。

私のようなコミュ力が低い人間は、合コンや婚活パーティーよりマッチングアプリの方が難易度が下がるのは間違いありません。
とはいえ、マッチングアプリも女性は写真とプロフィールを見て判断することになります。
ですので、プロフィール写真と自己紹介文を工夫する必要があります。

差し支えなければご相談に乗ります。
その際は、メニューの『お問い合わせ』よりご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です