幸せな恋愛をすると、最高に穏やかで楽しい毎日が待っている

もしも、相手の気持ちなどわからなくても、自分を磨くことに徹するだけで、彼女が今よりもっとあなたのことを好きになるとしたら?

彼女の気持ちを確かめない事が、円満な恋愛の一番の秘訣だとしたら?

彼女に依存しなくなり、一人の時間も充実していて、

不安のカケラもない方がもっと愛されるとしたら?

お互いが自立した大人なカップルの方が、

周りから見ても魅力的だと思いませんか?

この記事を最後まで読んでいただくと、彼女の気持ちや行動に対する理解が深められ、彼女にもっと愛されるコツがわかります

このようなことで悩んでいませんか?

・恋愛をしたら、彼女に依存してしまう

・一日中彼女のことばかり考えてしまう

・付き合うと、少しの事で不安になり、LINEをしつこく送ってしまう

・彼女から連絡してくることは、ほとんどないので「本当はオレのこと好きじゃないんじゃないか」と不安になる

・束縛したり重いと思われたくないので、相手に合わせすぎてしまう

・彼女の気持ちを確かめたいけど、今の関係が壊れるのが怖くて、何も言えない

「彼女が何を考えているかわからなくて、不安になる…。」

特に恋愛関係においては誰でも、そんな心境に一度はなったことがあると思います。

僕も昔は彼女の気持ちなど考えず、自分の気持ちに任せ暴走していましたね。

「好き好き~」と追いかければ追いかけるほど、

彼女との心の距離が遠ざかり、前よりも態度が冷たくなったり、LINEの返信が遅くなったり、デートの回数が減ったりしてしまっていませんか?

ここから先は、恋愛関係以外のにも使える”知らないと損する良好な人間関係を築くための話”です。

重くならない恋愛に必要なのは、”思いやり”と”距離感”

恋愛でもそうですが、良好な人間関係を築くためには、”相手への思いやり”と”距離感”を見極める冷静な目が必要です。

思いやりと冷静な目は、あなたもすでに持っています。

こんな経験はありませんか?

沈黙が怖くて、とりあえず何かしゃべろうとした結果、「ゴメン。オレばっかり喋り過ぎちゃったね…。」と自分で気づいて、とっさに謝る…ということが。

これは、夢中になっている事に対して、客観的に見た時に「ヤバい….オレばっか喋ってる」と気づき、相手のことも

聞きたいという思いやりが発動している証拠です。

だから、あなたは今持っているものを使うだけで、恋愛が上手くいきます

「恋は盲目」というように、自分が「好き好き~」な状態の時は、相手との適切な距離感を見る目が、麻痺してしまっています。

お互いの好き度が同じくらいなら良いんですが、どちらかの好き度が大きすぎると、相手にとっては負担でしかありません。

こういう時に、相手の表情や仕草を、少し観察してみる余裕があれば「重い」と言われるようなことはありません。

重いと言われてしまう場合、距離感を詰めすぎています

彼女は2~3日に1回の連絡くらいでいいのに、毎日連絡してしまう。

彼女はあなたと付き合っている時点で「あなたの事が好き」なのに、

何度も「オレの事好き?」と聞いてしまう。

彼女は友達が多く、飲みに行く事も多くてモテるので、浮気が心配…。

だから、毎回「誰と飲みに行くの?」と気になってしまう。

彼女の価値観にもよるので、一概には言えませんが、

自分の不安を解消するためだけの行為は、思いやりのカケラもありません

相手は、「信頼されていない」と受け取ってしまう事もあります。

デートの誘いを断られた時も

「オレこの日逃したら、しばらくデート出来る日無いんだよ!!」

と彼女を責めるのは、筋違いです。

「大事な彼氏とのデートを断るなんて、やっぱりオレのこと嫌いなんだ…」

と思うのは、発想が飛びすぎています。

あなたの気持ちも分かりますが、

「仕事が忙しくてゆっくり休みたいのかもしれない」

と相手の事情を考えてみることも大事です。

「昼ご飯だけ一緒に食べない?」

と提案すれば、相手に負担をかけず一緒にいる時間を

作れるかもしれません。

自分だけの都合ではなく、相手の気持ちや都合も考慮して思いやりを持って接して距離感を大事にしていれば、いい関係が続きます

重くならない恋愛は相手を尊重する愛に満ち溢れている

相手が「重い」と感じない恋愛は、相手を尊重できる大人な関係なので、

ストレスがほとんどありません。

そして、自分の時間と相手の時間の両方を大切に出来ます

そんな理想の関係をあなたも築いてみたいと思いませんか?

1人でも楽しい、2人ならもっと楽しい

精神的に自立している人は、例え彼女がいなくても

自分を「寂しい人間」だとは思いません。

1人の時の自分も、何か勉強していたり、

趣味に没頭していたり、充実しています。

だから、1人でも十分楽しい。

2人ならもっと楽しいという感覚を得られます。

自分1人だけだと、

どこか不十分に感じたり、不安に感じたり、寂しいと思う場合は、

自己肯定感が不足している可能性があるので、心のレッスンをして、自分に程よく自信を持てば、理想的な恋愛が出来るようになります。

自分に自信が無かったり、失恋直後で心が不安定な時は、女性なら誰でもいいような気になってしまいます。

自分の想いも大切だけど、相手の想いも大切にする

束縛したり、重いと思われたくなくて相手のペースに合わせてしまう。

相手の想いを無視して、自分のペースで進めてしまう。

これはどちらも好ましくありません。

相手に合わせすぎても、自分勝手でもいけない。

じゃあどうすればいいのか?

自分の想いも相手の想いも大切にして調和する

先ほどのデートの例で言えば、

自分の「デートしたい」という想いも大切なので、伝えます。

そこで彼女が、「疲れてるから」という理由であまり乗り気

じゃなかった場合、彼女の「疲れている」という想いも大切なので、

「両方の想いが満たされる場所はないかな?」

と考えます。

そしたら、「昼ご飯だけでも」という2人が

納得するポイントが見つかります。

それをお互いが自分の想いを通そうとしていたら、

喧嘩になり、本当は2人でいる時間が作れたにも

かかわらず、全てが台無しになってしまうでしょう。

お互いがお互いを尊重できる

そんな関係になれたら最高だと思いませんか

世の中は「与える人」が上手くいくように出来ている

「恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの」

と言ったのは、美輪明宏さん。

本当にその通りだと思う。

自分本位か相手本位か。

例えば、次のケースでは、どちらが相手本位だろうか

①「彼女の笑顔を見たいから、料理を作る」

②「彼女に料理上手だと思ってもらいたいから、料理を作る」

相手のためを純粋に思うのが愛。

自分のことばかり気にするのは、恋。

恋愛が上手くいく時は、相手の事をしっかり考えられている。

上手くいかなくなる時は、たいてい自分の事ばかり気にしている。

「自分が不安だから、相手の気持ちを知りたい」

「自分以外見て欲しくないから、束縛する」

「自分が嫌われたくないから、相手の言いなりになってしまう。」

これは、どれも不幸な恋愛に陥る人のパターン

「重い」と相手に言われてしまう人は、過度に見返りを求めてしまう。

重くない恋愛が出来る人は、見返りを求めない

サッパリと爽やかな恋愛が出来るので、自分も相手も心が軽い。

見返りを求めると、嫌われる。

見返りを求めないと、愛される

ただただ相手の事を思って、与えるだけ。

それだけで、愛される。

重くならない恋愛はあなたも相手も幸せにする

重くならない恋愛は、お互いが幸せになれる。

大前提として、”お互いが精神的に自立していれば”という条件付きではあるけど。

だからまずは、精神的に大人になろう

自分を程よく好きになろう。

彼女がいない時の自分は、何かが足りないような不安な気持ちになりますか?

不安な気持ちが大きい場合は、まず自分を満たしてあげて下さい。

金欠の時に、「誰かにご馳走しよう」と思いますか?

テスト勉強しないとヤバい時に、優しく友達の勉強を教えている余裕がありますか?

お腹が痛くて漏れそうな時、コンビニのトイレが1つしかない時。

偶然同じタイミングで来た人に、「お先にどうぞ。」と笑顔で譲れますか?

自分に余裕が無かったり、満たされていない、幸せを感じていない時は、自分の事に精一杯で、相手の事を考える余裕などありません

だから重くない恋愛には、自分の心を整えることが必要不可欠です。

自分の心が整っていて、初めて相手の事を考えられるようになるんです。

あなたは幸せになる準備が出来ていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です