アプリで恋活やってるけどとりあえず付き合うのは良くない?

彼女が欲しいけど、とりあえず付き合うというのは正しいのかな?

本気で好きになった人としか付き合いたいと思えません。自分の考えを貫きたいけど機会を逃してしまいそうで、時々不安になります。何か自分にプラスになることがあれば教えて欲しい。

このような葛藤があると思います。

僕もありました。

結果的に、それで32年間童貞を守ってしまったわけですが…w

本気じゃないのに女性と付き合うってなんだか女性にも失礼な気がするし、自分にウソついているような気もします。

僕もそういったことでめちゃくちゃ悩みました。

結論から言えば、とりあえず付き合ってみるのはアリです。

というか、付き合ってみないと分からないことの方が多いです。

僕がそうだったように、恋愛経験が少ない男性ほど、とりあえず付き合ってみた方が良いと思ってます。

【経験を積む事で見える事】とりあえず付き合うor付き合わない

経験を積むためにとりあえず付き合うことをアリだと思う理由は3つあります。

1.付き合うまでは相手の表面しか見えていない

2.深く付き合うことで、自分の有り無しが分かってくる

3.女性に対する思い込みが無くなる(場合がある)

これは僕が恋愛以外でも大事にしている考え方なのですが、”とりあえず飛び込んでみる“んです。

ダメなら別れればいいし、他に良い子が現れれば乗り換えればいいと思ってます。

冷酷な判断にも思えるかもしれませんが、最終的に幸せになりたいなら”どんな人といたら幸せなのか?”という判断基準が必要です。

それに今よりいいモノがあれば買い替える、もっと良い人がいればその人と一緒にいたいと思うのは自然なことです。

1.付き合うまでは相手の表面しか見えていない

恋愛経験が少ない男性ほど、女性の表面だけを見て○○な人と判断してしまう傾向にあります。

でも、女性に限らず仕事の人間関係でも、僕たちが見ているのはほんの一部に過ぎません。

よく男同士でも裸の付き合いをすると仲良くなれるみたいなことを言いますが、それは女性関係も同じことです。

裸は最大の自己開示だと思うんです。

童貞の頃には思いもしませんでしたが、裸同士の付き合いという最深部まで行き、全てをさらけ出すところまで行くことでしか、その人の本質はわからないんだと思います。

というのも、僕たちは無意識にいろんな仮面をかぶっています

・先輩や上司に見せる顔

・クラスの同級生や知り合いに見せる顔

・一緒に遊ぶくらいの友達に見せる顔

・親に見せる顔

・取引先に見せる顔

など、相手に合わせていろんな顔を使い分けています。

あなたも、どんな相手でも本音だけで喋っているわけじゃないですよね?

「本音で相手とぶつかりたい」とか、「本当の自分を見せられる人がいい」みたいな話を聞きますが、人が普段外でいかに本音と建前を使い分けているのかということです。

それは女性も同じで、友人関係では見せなかった顔が次々と現れます。

・きっちりした人だと思っていたが、実はズボラだった

・冷たい人だと思っていたけど、実は照れ屋で素直に表現できない人だった

・実は物を溜め込む癖があった

・実は物持ちがめちゃくちゃいい人だった

どんな場合でも、深く付き合ってみないとわかりせん。

○○と思っていたけど、実は○○だったみたいなことはよくあります。

友人⇒彼女⇒妻になる過程で、一緒に住んでから分かることもあります。

だから、関係が浅い間はその女性の表面的な部分しか見えていないことを知った上で、とりあえず付き合うという選択肢はアリだと言えます。

2.深く付き合うことで、自分の有り無しが分かってくる

とりあえず付き合って、深い関係になることで癖やその人の好き嫌い、得意不得意などいろいろなことが見えてきます。

きっと最終的に1人の女性を選ぶことになると思うんですが、「こんな人と一緒にいたら楽しい」という基準がわからないといけませんよね?

それも妄想ではなく、現実レベルの中で。

とりあえず付き合ってみて、

・もっとエロい方がいいな

・頼られるのは嬉しいけど、依存的な人とはやっていけないな

・自分が家事は一通りできるから、女性が料理苦手でもいいかな

とかいろんな自分の有り無しが分かってきます。

「彼女とはいえ、目の前で恥じらいもなく着替えないで欲しい」など、どうしても許せないこともあるでしょう。

そうやって、最終的な1人に辿り着くためにも、自分の価値感を固めていった方が「こんなはずじゃなかったのに…」という失敗の確率が減ります。

自分の価値感を確立するという意味でも、特に恋愛経験の少ないうちはとりあえず付き合うということがプラスになります。

3.女性に対する思い込みが無くなる(場合がある)

恋愛経験が少ないうちは、女性を神格化しがちです。

女性もただの人です。

ナースは天使のイメージがある人もいると思うんですけど、プライベートは全然天使じゃないことも多々ありますからね。

保育士は、いつもニコニコして「子供大好きです~」みたいなイメージがあるかもしれませんが、裏では愚痴言いまくってたり。

「女性はこうあるべき!」みたいな思い込みがあると、ケンカになりやすいし、尊敬されにくいです。結果的に女性の心が離れていってしまいます。

男女の付き合いと言っても、人間同士の付き合いでもあります。

女性に対する偏見や、自分の女性に対する思い込みや固定観念を打ち壊した方が、付き合いやすいですし、彼女の友達に「良い彼氏だね~」と高評価を得ることもあります。

女性経験が多い人や人間心理を理解している人ほど、女性に対する変な思い込みがないように思います。

偏見をなくし、「ま、こんなもんだよね。」と思うためにも、ある程度の女性経験を積んだ方が良いと思います。

モテる男に女性が集中し、モテない男がモテないままなのは、しっかりと理由があります。

モテる男は経験が積み重ねり、さらに女性という生き物を知ることができ、自分の中のデータがたまっていきます。

統計を出す時にもサンプルが多くなる程、正確な数字に近づくように、女性と深く付き合った経験が少ないとどうしても偏ったデータで女性を見てしまうんです。

だからチャンスがあるなら、とりあえず付き合うというのがいいんです。

それが自分の未来に繋がるんですから。

経験を積む事でしか見えないことがある

“とりあえず飛び込んでみる”というのは、生きていく上でもとても大事な考え方です。

とりあえず付き合ってみる理由を3つ紹介しました。

1.付き合うまでは相手の表面しか見えていない

2.深く付き合うことで、自分の有り無しが分かってくる

3.女性に対する思い込みが無くなる(場合がある)

これは、生きていく上でも

1.やってみるまでは表面しか見えていない

2.やってみることで向いている向いていない、得意不得意が分かる

3.イメージだけで判断していた思い込みが無くなり、現実を知る

というように、応用できるんです。

だから、「どうなるのか?」という不安を持ってビビりながらでも、「とりあえずやってみるか」という軽い気持ちでやってみることが出来れば、人生全体で経験が積み重なっていき、年齢を重ねるごとに魅力が増していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です