勘違い男の気持ち悪いツイートに学ぶ!痛い男の特徴とは?

Twitterでバズっていたあるツイートが、非常に学びになったので。

内容は、

「大好きだった彼女に一方的にフラれた、女マジで意味不明…」

って内容の後、自身と元カノのやり取りをさらしていたんだが、、、

そのやりとりってのが、

♀「いろいろ考えて、友達に戻ろ。別れたい。」

♂「電話できない?」

♀「電話で話したくない。」

♂「なんで別れたいって思ったの?」

♀「ごめん。昨日のHで違うって思ってしまった。」

♂「相性悪い的な?詳しく聞きたい。」

♀「痛いって最初に言ってゆっくりしてって言ったけど、結局最後早すぎて痛かったし…以下略」

♂「それは気づけなくてゴメン。もう気持ち冷めたよね?」

♀「うん、終わりにしたい。」

♂「ん~5分だけでもいいから電話したいんだけど…」

♀「ごめんなさい。」

♂「せめてメッセージだけ続けてくれない?」

♂「まだ聞きたいことがある」

♂「おーい」

女性の

「電話で話したくない」

の一言が全てをあらわしています。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

オットー・フォン・ビスマルク

賢者が愚者から学ぶことの方が、愚者が賢者から学ぶことより多い

モンテーニュ

これは歴史的なツイートだったので、僕たちは賢者になってこの男から学びましょう。

声も聞きたくないほど、嫌われてしまったようですが、

「なぜこうなってしまったのか?」

を検証することは、大事です。

もし、自分がこのような間違いを犯してしまった時には、経験から学びます。

愚者であっても、失敗から何も学ばないよりもずっとマシだからです。

この男性が突然フラれてしまった理由は3つあると思っています。

1.女性より自分の快楽優先

2.自分が聞きたい事しか聞かない

3.当たり前のことができていない

女性より自分の快楽優先

原因の1つ目は、目の前の女性の反応より、自分の快楽を優先させてしまったこと。

会話でもセッ〇スでも、目の前の女性を観察することは必須です。

「女性は、レディーファーストすれば喜ぶんでしょ。」

「女性は、頭撫でれば喜ぶんでしょ。」

という、思い込みによる独りよがりは一番嫌われます。

よくデートが終わってから、

「自分は楽しかったけど、○○ちゃんは楽しかった?」

というLINEをしてしまう男性がいます。

聞くのではなく、観察するんです。

ホントは楽しくなかったとしても、女性は気を遣って「楽しかったよ。」としか答えられません。

自分がカッコよく見られたいだけの自己中男は、ベクトルが女性に向かっていないから、

・デートで女性が楽しんでいるか?

・セッ〇ス中、女性の気分を害していないか?

を考えられないんです。

実際、この男性の過去のツイートを遡ると、「付き合ったのに、気遣う必要あります?」という悪魔のようなツイートを発見しました。

付き合うまでは優しい、付き合ったら釣った魚にエサをやらない男性は、幻滅されてしまいます。

偽りの優しさでは、上手くいかないんです。

自分が聞きたい事しか聞かない

「気遣いできない時点で、セッ〇スが下手なんだよ」

という引用ツイートに対し、

「セックスは下手ではない。相性の問題かと…」

自分を客観視できない男性もモテません。

僕も常に反省と改善を忘れないように、気をつけています。

人は「自分は間違っていない」と思いたいものです

客観視できないと、自分の間違いに気づけません。

あとは、正しい知識ですね。

無知は罪」という言葉の通りで、知識が無いと、間違ったことを平気でやってしまいます。

子供を思い浮かべてみると、分かりやすいです。

子供は泥だらけの手で、平気で家の中のモノを触ります。

「汚い」という概念が形成されていないので、その指をしゃぶったりもします。

そして、大人になって頑固になったしまった人は、人の指摘を素直に聞き入れられません。

プライドが邪魔して、間違いを素直に認められなくなってしまう残念な大人の典型例です。

上手くいっている人ほど、自分の間違いを素直に認めて正しい方向に柔軟に方向転換できます。

多くの人が成功の秘訣に”素直さ”をあげています

都合よく解釈するクセに気づくことが出来れば、それを正せばいいだけです。

会話が下手なら、会話を勉強する。

セッ〇スに自信がないなら、セッ〇スを勉強する。

僕は、会話は藤村さんの会話教材セッ〇スはしみけんさんを参考にしました。

最近は、加藤鷹パイセンも気になっていて、さらなるレベルアップを狙っています。

当たり前のことができていない

優しさ、気遣いなど女性以外の人間関係でも良好な関係を築くために必要なことがあります。

今回の場合は、気遣いですね。

「親しき中にも礼儀あり」

この言葉は仲良くなった後にも、付き合った後にも絶対忘れてはいけません。

僕は、彼女だろうと目の前で堂々と着替えて欲しくありません。

逆に、僕も着替える時は、あえて別の部屋に移動し、ズボンをはき替えます。

例えば、彼氏になったとたん命令口調。

それ、上司に言いますか?

言いませんよね?

上司に言わない要求や強めの口調で彼女に言う。

ごう慢さ以外の何者でもありません。

彼女になった途端、雑に扱う男性は必ず逃げられます。

自分を大切にしてくれなかったり、居心地の悪い人、裏表のある人と一緒にいたい方がどうかしてますからねw

僕の経験上、人を雑に扱う人は、モノの扱いも雑です。

だから、グラスの置き方1つにその人の人となりが表れます。

僕もそれなりの女性とお付き合いしてきましたが、モノの扱いが雑な人は、例外なく人の扱いも雑です。

付き合うなんて、ホントに口約束です。

付き合えた瞬間から、自分のものみたいに安心しきって、大切にしなくなった瞬間別れが待っています。

外見、内面共にそうで、成長や変化のない男はいつか飽きられます

結婚後、ブクブク太った男性が奥さんから男として見られなくなるのは目に見えています。

付き合うまでは、優しかった、、、

付き合うまでは、気を遣ってくれた、、、

そんなことを思われたら、他の男に奪われるのも時間の問題です。

まとめ

ここまで、男性が突然フラれてしまった3つの理由をお話してきました。

1.女性より自分の快楽優先

2.自分が聞きたい事しか聞かない

3.当たり前のことができていない

総じて言えることは、自己中で人の話を聞かない子供じみた男は、仮に付き合えたとしても、すぐフラれてしまうということです。

あとは、しつこいですねw

マッチングアプリで出会った女の子が、

「最近、めっちゃキモい男がいてさw」

ってスマホの画面を見せてくれたんですが…

♂「ん~5分だけでもいいから電話したいんだけど…」

♀「ごめんなさい。」

♂「せめてメッセージだけ続けてくれない?」

♂「まだ聞きたいことがある」

♂「おーい」

まさに、こんな感じでした。

デートの誘いが、本当にしつこいんです。

しつこくて嫌われることはあっても、好かれることは絶対に無いということを胸に深く深く刻み込んでおいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です