恋愛経験なしでも結婚できた30日で彼女を作る最短最速ロードマップ

恋愛経験がないまま、この歳になってしまった…

恋愛経験なしで、このまま一生恋愛できないor結婚できないかも…

そんなあなたに。

彼女を最短最速で作る王道のステップがあることを知っていますか?

多くの男性は、これを知らないまま感覚的に恋愛して、

「やった!彼女が出来た!」

「マジで全然モテねえ…」

と一喜一憂しているんです。

僕はこれをギャンブル的恋愛と勝手に呼んでいます。

僕もこれを知らなかったために、彼女いない歴があり得ないほど、延びてしまいました。

さらに、多くの女性と出会ってもチャンスを自分で潰しまくっていた苦い経験があります。

デートが出来ても、2回目のデートに繋がらなかったりして、時間もお金も浪費しまくりでした。

たまたま彼女が出来ても、その女性に執着し、

「浮気されるんじゃないか…」

「なんとか繋ぎとめておかないと…」

とビクビクしていました。

おそらく、恋愛初心者の男性の多くは、なんとなく出会った女性と、なんとなくデートに誘って喋って、何度も失敗し、右往左往しながらようやく進展し、付き合うというルートを辿っているはずです。

人間の3大欲求の1つであり、最後には1人の女性に絞って結婚するという、あなたの人生を大きく左右しかねない重要事項にも関わらず、周りの大人は、タブーであるかのように誰も真実を教えてくれません

もしかしたら、彼女がいたり結婚している男性の99%は「彼女の作り方」を説明できないのかもしれません。

だから、ギャンブル的になってしまうんだと思います。

だから、みんな手探りでデートして、

・女性があからさまに、つまらなそうにしていたり

・そもそも男として見られていなかったり

・自分は手ごたえがあっても、

初デート後LINEが返ってこなかったり

というツラい経験をするハメになってしまうんです。

一部のリア充モテ男達は、中高大とそんな失敗から

自分なりに答えを出して上手くやっています。

新しく何かを始める際に、失敗はつきものです。

しかし、大人になればなるほど、年齢を重ねれば重ねるほど、謎の不安や恐怖が出てきて臆病になってしまうものです。

しかも20歳なら恋愛経験がなくても「機会が無かったんだね」で済まされますが、結婚適齢期の男性が恋愛経験ゼロというと「どこか欠陥があるんじゃないか…」と思われたりするんです。

そこで今回は、彼女を最短最速で作る王道のステップをお話していきます。

この内容をビビりながらでも実践していただくと、

☑モテないことに悩む日々から脱出できる

☑視界に入るカップルたちに、イラ立ったり焦ったりする気持ちも無くなる

☑彼女が出来て、周りのモテない男たちに羨ましがられる

☑「別れても、また彼女作ればいや。」

という心の余裕が出来るため、束縛したり気持ち悪い執着心が無くなるこういった未来が待っています。

ただ今回紹介する内容は、誰でも実践出来ますが、何の努力もなしに彼女を作れるという魔法の方法ではありません

逆に、自分を変化させる気持ちさえあれば、彼女作りの明確な道しるべになるはずです。

生き残る種とは、最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく適応したものである。

チャールズ・ダーウィン

恋愛経験なしに終止符を打つために:見た目を最大限高める

まずは、見た目を改善しましょう。

彼女が出来ない原因が、髪型やファッション、清潔感が女性の最低ラインに達していない可能性が大いにあります

これは、誰かに言ってもらえないと、自分では気づけないことが多いんです。

誰も面と向かって、

「ダサいよ」とか、

「あなたは生理的に無理です」

なんて言ってくれないからです。

「うわっ、ダサっ」と思われるのと、

「あっ!いい感じ」と思われるのとでは、

100m走だとスタートの時点で、50mハンデがあるようなものです。

外見で好感を持ってもらえると、それだけで恋愛を有利に進められます。

逆に、女性に

「無いな」

と思われると、一瞬で見向きもされなくなるほど、残酷な世界です。

外見の重要性をナメている男性が多すぎます。

逆に言うと、外見にそこそこ気を遣うだけで女性の目にとまりやすいということです。

外見を改善せずに「彼女が欲しい」と口にするのは、ティンコを見られたくないのに「あの子のマ〇コを見たい」と言い出すくらい馬鹿げています。

女性のほぼほぼ100%が、髪型や服装・化粧など”外見”に気を遣っています。

ファッションも含め似ていることが多いと、「この人なんとなく気が合いそう」と思うものです。

逆に、外見に気を遣わないということは、自分から女性を遠ざけているのと同じです。

「こいつは違う人種だ」と、一瞬で判断されることになります。

モテない男性から相談されて、外見にも気を遣っていないと分かると、逆に質問したくなります。

「何の装備もせずに、どうやってボスを倒すつもりですか?」と。

恋愛経験なしに終止符を打つために:恋愛に対して、正しい知識を仕入れる

「彼女を作る方法」とか、恋愛やセッ〇スに関することって、ちゃんと学んだことないですよね?

もちろん学校では教えてくれないし、みんな自己流で我が道を行っているわけです。

自己流で上手くいっていれば、恋愛で悩む人がゼロになるんですが、そうじゃないのが現実です。

だから、

「何が正しくて、何が間違ってるのか?」

「どんなことをしたら、女性に興味を持たれてどんなことをしたら、引かれるのか?」

などなどが曖昧なまま、多くの男性が迷走しているんです

ちなみに、日本の社会人の1ヶ月の平均的な勉強時間って、わずか6分らしいです。

赤点をとったのに、

「テスト勉強6分しました!」

って胸を張って先生に言ったら、ぶん殴られそうじゃないですか?

そもそも『恋愛は学ぶもの』という概念すらないかもしれません。

僕も「彼女ができない…」と嘆いていた頃は、そんな概念すらありませんでした。

だからこそ、恋愛や彼女作りを論理的に正しくを学べば、簡単に抜きんでることができます

僕の知る限り、先天的にイケメンに生まれてモテている男性より、後天的に恋愛を学びモテている男性の方が圧倒的に多いです。

年収1000万以上・・・・・・5%

1ヶ月7冊以上本を読む人・・・4%

巷では、「読書量と年収は比例する」と言われています。

ある税理士の先生は、「迷ったら少数派へ」とおっしゃっていました。

少数派へいくと、競争相手が激減するからという理由です。

日本人の90%が属する会社員と数%の起業家。

どちらが人生を楽しんでいるイメージがありますか?

経済学者のトマ・ピケティ氏が『21世紀の資本論』という本で、r>gという公式を発表して一部界隈で話題になりました。

これは、

「金持ちはますます金持ちになり、貧乏人と金持ちの格差は光のスピードで加速していく」

という一般人が聞き入れたくない事実を、過去の膨大な資料から導き出しました。

僕たちは小さい頃から、「多数派が正しい」みたいな価値観が刷り込まれていますが、

結果的に得していたり、良い思いをしているのは少数派なんです

これは恋愛も同じで、「恋愛を学ぶ」というその他大勢の男性と違う選択をした瞬間から、ライバル不在とも思えるほど、イージーモードに突入します

・女性はどういう男性を望んでいるか

・女性が好む男性になるために何をすればいいか?

女性に困らないようになるためには、究極的にこの2つがわかればいいわけです。

ゴールを決めて、そこに向けて適切な努力をしていく。

女性が望んでいることを理解し、自分の魅力も磨いていくというとてもシンプルなものです。

自分を「商品」に見立てれば、わかりやすくなります。

市場の需要を把握し、欲しがっている商品を供給する。

恋愛では具体的に、

・外見

・会話

・気遣い

・立ち振る舞い

・経済力

といった要素です。

恋愛の正しい知識を仕入れる理由は、少数派になって、その他大勢の男性をゴボウ抜きするのが1つです

もう1つ理由があって、「効率よく彼女が作れる」からです。

これは1つだけ条件があって『正しい教科書がある場合のみ』です。

世の中には、無料有料あわせると、無数の恋愛ノウハウがあります。

有料だから優良かといえば、そうでもありません。

「高い服だからオシャレ」みたいな間違った感覚で、「高いから効果的」と思って、なんとなくで選んでしまうのも危険です。

中には、女性の恋愛アドバイザーが書いた

「男は、女の奴隷じゃねえぞ!」

と言いたくなるような、女性に都合のいいことばかり書いてあるノウハウもあります。

例えば、

・デートでは送り迎えしてあげましょう

・女性と仲良くなるためには、共感しましょう

・男性側からマメに連絡しましょう

など。

全否定はしませんし、優しさを標準装備しておくことは大切です。

しかし、これだけでは

・都合のいい人

・ただのいい人

になりかねません。

モテていない女性や、自分に自信のない女性には有効かもしれませんが、最終的にあなたが狙う可愛くてモテる女性には何の効果も発揮しない可能性があります。

また、

・「女性は筋肉が好き」という情報をもとに、ゴリマッチョを目指す

・女性をイジりさえすれば、立場が上になると思い込んでいる

・女性の意見を否定せず、「うん、うん、わかるよ」とバブルヘッドの如く肯定する男

こういった偏った情報をもとに、間違った努力をしていると、当然いつになっても結果が伴わなかったりします。

僕の童貞時代・非モテ時代も、「恋愛を学ぶ」ことをせず、ひたすら自己流でやっていた結果、

・何の脈絡もなく、ショッピングモールをひたすら歩かせたり

・初デートにラーメン屋を選ぶ

という本当にクズみたいなデートをしていました。

今、客観的に見れば、

「いい年して、そんなことも分からないの?w」

と思われても仕方ないほど、愚か者でした。

それでも、自分では間違っている認識なんてこれっぽっちも無かったですからねw

無知って恐ろしいですねw

だから、多くの出会い・時間・お金をドブに捨ててきたも同然です。

一番後悔しているのは、超ドンピシャタイプの女の子の誕生日に、付き合ってもないのに7,000円くらいするプレゼントを渡して、フェードアウトされた事ですね。

重すぎたんですよ…w

今でもたまに思い出すと、僕の胸を強烈にエグッてくるくらい嫌な思い出です。

それもこれも、無知のなせる業です。

恋愛経験なしに終止符を打つために:自分から女性との出会いを作る

出会い方は、いろいろあります。

・職場

・友達の紹介

・合コン

・マッチングアプリ

・ナンパ

・街コン

・婚活パーティー

・クラブ

・結婚相談所

今の時代、「出会いが無い」というのは、「私は自分から動くつもりはありません」と宣言しているようなものです。

出会いが無いなんて、ありえないんです

お金を一切かけず、自然な出会いのみに頼っていても、あなたがガチイケメンじゃない限り、出会える可能性はほぼゼロです。

こういう人は彼女が出来るまで、相当な時間がかかってしまいます。

出会いが少ないと、デートの経験や女性と話すという経験が積めず、成長スピードが遅くなるからです。

他にも、そんなに収入が多くないにも関わらず、出会いだけに毎月1~2万も使ってしまうとか。

1人の女の子とカフェデートするだけでも、男性がおごるとしたら、交通費なども合わせて1回2,000~3,000円はかかります。

毎月1人の女性とデートするより、1週間1人、1ヶ月4人とデートした方が彼女が早く彼女が出来ると思いませんか?

出会いにもお金をつぎ込んで、仮に多くの女性とデート出来そうだとしても、「今月ピンチ!」ってなって、自らチャンスを潰しかねません。

で、また今度と思ったら女性の熱が冷めてしまっていたら、もったいなくないですか?

そうなると、出会いは効率とコスパが求められます。

時間やお金をムダにせず、コスパ最強の出会いはマッチングアプリしかありません

1回の街コン、合コン以下の金額で、自分の分身をネット上に置いておくだけ。

あなたが仕事中だろうが、アプリを見ていない時間帯でも、分身が勝手に出会ってくれるんです。

今は、マッチングアプリの数もかなり増えて、女性会員も分散してしまっています。

だから、何を使ったらいいか迷ってしまうと思います。

迷ったら、会員数No.1のペアーズを使うのがベストな選択です。

そもそも会員数の少ないアプリだと、出会える可能性も減ってしまいますからね。

恋愛経験なしに終止符を打つために:最後は行動量がモノを言う

モテと非モテを分けるのは、行動量の差といっても過言ではありません。

恋愛って、才能の世界じゃないんです。

確かにほんの少しだけ、生まれつきイケメンで特別なことをしなくてもモテてしまう人種がいますよ。

しかし、彼らも何もしなければ30歳前後で苦しみ始めます。

生まれつきの顔だけで勝負してこれたんで、中身がペラペラだったりしたら即死です。

顔に恵まれなかった僕のような人種は

・外見を最大限高め

・正しい恋愛知識を学び

・自分から出会いを作り

・デートに誘って、デート経験を積み、女性慣れする

これしかありません。

正しい知識が頭に入っていても、デートに誘わなければ何も始まりません。

頭ではなく、身体に染み込ませるために、経験を積み、失敗と改善を繰り返さないと、自分の身になりません。

顔がブサイクとか、身長が低いとかも彼女の作りやすさに影響しないかと言われれば、正直多少は影響します。

でも、ほんの数%程度です。

一番大きな割合を占めるのは、行動”する”か”しない”かです。

恋愛経験なしに終止符を打つために:軽視しがちなメンタル的要素

行動することが大事だと言われても、行動出来ない時もあります。

だって、人間だものw

僕も極力失敗したくないタチだったんで、プライドが邪魔しまくって、全然行動できない時期がありました。

人の目や失敗した時の事ばかり、気にして自分の未来を変えるための行動が出来ていなかったんです。

だから、32年もの間童貞でした。

行動した方がいいのは分かってるけど、行動出来ない時はメンタルが原因です。

失敗したくない=成功したくない

失敗したくないのは、痛いほど分かりますが、それは同時に成功したくないと言っているのと同じです。

僕のクソみたいな励ましなんていらないと思うので、偉人たちが失敗に対して、どういう風に考えているかご紹介します。

私のやった仕事の中で本当に成功したのは、

全体のわずか1%にすぎない。

99%は失敗の連続であった。

本田宗一郎/ホンダ創業者

私は失敗しない若い人っていうのは、

あまり信用しない。

何もしていないことを証明するような

ものじゃないか。

大橋洋治/全日空会長

それは、失敗じゃなくて、

その方法では上手くいかないことが

分かったんだから成功なんだよ

トーマス・エジソン

非モテや成功しない人は、初心者から一気に達人レベルになるとでも思っているかのように、失敗を怖がります。

僕も以前は失敗を「恥ずかしいもの」みたいに思っていました。

でも、上手くなるためには、「上手くいかない」という過程を通ることが当たり前なんだと分かれば、「失敗しても、その都度改善すればいいんだ」と分かります。

僕が以前やっていた飛び込み営業も、失敗(インターホンを押して、会社名を行っただけで断られる)ありきでした。

「どんどん失敗しろ!」

とむしろ”上手くいかない”ことを勧められたくらいでした。

これから、初めてのことや新しいことに挑戦するんです。

失敗して当たり前なんです

成功させようという気持ちは凄く大事ですが、「失敗はつきものだ」という考えも同じくらい大事です。

賢い人ほど、先のことを考えて行動出来なくなってしまいます。

素直なバカの方が成功しやすいのはそのためです。

「失敗はつきものだ」という考えがあるかどうかは、あなたの行動力にかなり影響します。

失敗は決して恥ずかしいものではありません。

僕も数えきれないほど、

・既読無視

・1回目のデート後フェードアウト

・3回デートした相手が、謎に冷めていく

などの失敗をしてきました。

モテる男性ほど、女性からキツイ一言を言われていたり、多くの女性にフラれていたりするものです。

「失敗したくない=成功したくない」というのは、裏を返せば失敗する=成功するということです。

まとめ

自分の現在地を、客観的な目で見てみて下さい。

あなたは今、

・外見を磨かなければいけないのか?

・恋愛の知識を入れないといけないのか?

・出会いを増やさなければいけないのか?

・行動しなければいけないのか?

あなたがつまづいている原因は、このステップのどこかにあるはずです

彼女が出来ないという悩みは、男の自信を根こそぎ持っていくくらいの破壊力があります。

僕の友達で営業をやっている、誰からも好かれて友達の多いやつがいるんですが、セッ〇スする相手がいないだけで、会うたびに「彼女が欲しい~」と嘆いています。

自分に足りないものを補い、ゼロの自分に小さな1を足していきましょう。

1.01と0.99の法則って知ってますか?

毎日0.01進む努力をしている人と、何の努力もせず、0.01後退していく人が、1年間でどれほどの差がつくかというのを数字であらわしたものです。

1.01の365乗と0.99の365乗。

結果は、

1.01の方は37.78

0.99の方は0.03

日々の積み重ねの小さな差が、1年後とんでもなく大きな差になるんです。

れは楽天の三木谷社長が著書「成功のコンセプト」で紹介して有名になったみたいです。

衰退していく男性と、進化していく男性モテるのはどちらか、答えは明白ですよね?

あなたはどちら側の男でいたいですか?

後悔したくなければ、即行動です。

恋愛経験なしでも結婚できた30日で彼女を作る最短最速ロードマップ

この流れさえ守ってもらえば、女友達0からでも彼女を作ることは難しくありません。

1.雰囲気イケメンの作り方を参考に美容院でオーダーし、

(最悪女性の美容師さんに「似合う髪型でお願いします」とオーダー)

2.最速でおしゃれに見せる方法 を熟読し服を買い、

(ファッションがよくわからない場合は、GUとかイオンに入っているAZULで女性店員さんを捕まえ全身コーディネートしてもらう)

3.pairsで出会いを増やす

4.出会いを増やしつつ会話教材を熟読し女性を楽しませデートへつなげ、

5.『しみけん』のセックステクニックDVDでセックスへの自信を身につける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です