自尊心を高めると彼女が出来る理由を解説

恋愛を含む人間関係が上手くいく人と、ことごとく問題にぶち当たる人。

何が違うのか?

一言で言うと、『自尊心』です。

彼女が出来るかどうかは、最終的に行動量で決まります

そして、行動力を支えているのが、あなたの自尊心です。

例えば、彼女を作るための行動として、

「まずは、女性に受け入れられる外見にしましょう。そのために、女性ウケする髪型と服装に変えましょう。」

と言われたとします。

自尊心の低い人は、

「イケメンじゃない俺が、髪型と服装を変えたところで…」

「髪型と服装を変えるだけで、彼女できたら苦労しねぇよ!」

「結局、女は顔がよくて、金持ってる男がいいんでしょ?」

と、行動する前にいろいろと言い訳します。

なぜ、言い訳をするのか?

自分の自尊心を傷つけられないために必死に自分を守ろうとするからです。

直球な言い方をすると、

自分が上手くいかない責任を、何かのせいにしたいから

彼女ができない理由を

・顔が悪いから

・身長が低いから

・トークが下手だから

・コミュ障だから

・人見知りだから

・口下手だから

・受け身だから

と、わんさか並べて自分を正当化しようとします。

あっ、これ全部以前の僕っスw

自分を守ることしか考えない、ダサ男でした。

今考えると、理由は次の2つです。

・上手くいかなかった時の保険をかけるため

・彼女が出来ない理由を、外部要因(生まれ持った顔の作りなど)

のせいにし、現実を見たくないからと現実を直視せず、

「もし、イケメンに生まれてたら…」とか、

「身長が175cm以上あれば…」とか、

そんなことばっかり考えていました。

それもこれも、本来の自分を受け入れられない自尊心の低さから来ていることです。

セルフイメージが低いんです。

【セルフイメージとは?】

自分が自分をどんな人間だと思っているのかということ

自尊心が高い男のメンタルや思考

自尊心が高い男は、自分の弱い部分も、苦手なことも下手なことも全部受け入れています。

現実の自分を見ています。

その上で、理想とのギャップを埋めようとします。

反対に、自尊心が低い男は、自分の弱い部分や、苦手なこと、下手なことは人にはバレないように隠すし、自分でも見ないようにします。

理想の自分しか見ていません。

そして、理想の自分とのギャップに苦しむんですね。

「自分を過大評価している」とも言えます。

僕は25歳くらいまでは、ホントに自尊心の低いダメボーイでした。

だから、両方の状態を経験しているわけです。

ほんと、考え方1つで世界の見え方が変わります

僕は、先天的な才能なんて1%くらいだと思ってます。

あとの99%は後天的な環境や努力でなんとかなると思ってます

僕が長年こじらせた童貞を卒業し、いつでも彼女を作れる自信を手に入れたのも、人生を良くするために

・どんな人の話に耳を傾けるか?

・どんな人の言葉を信じるか?

・どんな行動をとるのか?

を考え、実践してきたからです。

もし、今の考え方で中学生から人生をやり直せるなら、全く違った人生になったと思います。

だからこそ生まれ持った顔の作りの良し悪しより、”今どんな考え方や行動をするのか“を重視するんです。

ガチイケメンにめちゃくちゃ努力されたら、敵わないかもしれません。

しかし、現実はある調査によると、

社会人の1日の勉強時間・・・・・・・・・平均6分

社会人で1ヶ月に7冊以上読書する人・・・4%

という結果が出ています。

ほとんどの人は朝起きて、仕事して、飯食って、テレビ見て、YouTube見て、ゲームして、寝てみたいな生活をしています。

だから、恋愛に関しても今モテないからって諦める必要はありません。

ほとんどの男が停滞、あるいは後退しているからぶち抜くのなんて、少し頑張れば一瞬です

彼女を作るためには、髪型と服装を女性ウケするものに変えて、トーク力と気遣いを狙っている女性が出会ってきた過去の男達より、少し高いレベルに持っていければ、彼女は出来ます。

今なければ、身につければいいだけ

これが、自尊心の高い男のメンタルと思考です。

自尊心が低かった時は、自分に無いものを嘆いて悩んで、落ち込んでいました。

自尊心を高めるには?

自尊心を実際に高めるには、何をしたらいいでしょう?

自尊心の高い人の言葉のシャワーを浴びるのが一番です。

僕たちは、知らず知らずに周りの環境に左右されまくっています。

元々、いつも明るくポジティブな人の親はきっと同じような性格です。

僕たちが一番影響を受けているのが親の考え方です

生まれた頃から、一番長い時間を過ごしているのは親ですよね?

男性が大人になって、父親にしぐさや言動が似てくるのも知らず知らずの内に、父親を見本にしてマネしているからです。

マックのCMを見たり、店舗を見つけた瞬間、なぜかポテトが食べたくなるのも、

マックを見る⇒ポテトを食べたくなる

という反応をしているからです。

人の脳みそには、ミラーニューロンと呼ばれる「マネする能力」が組み込まれているため、無意識的に見たり聞いたりした「誰か」を見本に生きています。

それが、一番長い時間を過ごしてきた親の場合が多いです。

そして、人生の途中で劇的な変化を起こした人は、意識的にその見本を

・自分の憧れの人

・自分の好きな人

・自分の尊敬する人

に変えて、その人の行動や言動をマネしてきた人たちです。

僕も、女性に困らなくなったのは意識的に見本を変えて、マネする対象を変えてきたからです。

「どうせダメに決まってる…」とか、

「お前には無理だよ…」とか、

そんな言葉をかける人たちと一緒にいると、

「やっぱり無理なんだ…」

という気持ちにさせられます。

反対に、

「最初から上手くいくもんじゃないよ。次はどうやったら上手く行くと思う?」

「例え失敗しても、改善すべき点を見つけられたんなら成功じゃない?」

という言葉をかける人たちと一緒にいると、

「もうちょっと頑張ってみようかな?」

という気持ちにさせられます。

だから、自尊心を高める一番の方法は、自分が目指すゴールを達成している人を見本にして、その人の言葉のシャワーを浴びる

昔だったら、そういう人を探すのも一苦労だったでしょう。

でも今は、ネットが繋がればそういう人が発信しているブログやメルマガ、YouTubeに簡単に辿り着きます。

見本を探して、その人の言動や行動、考え方を少しでも吸収出来れば、人生が上向くと思いませんか?

誰かを見本に選ぶ時、気をつけなければいけないのが、「お前には、無理だよ」みたいに、夢をぶち壊してくるネガティブ発言をする人です。

例えば、童貞卒業や彼女を作るというゴールを達成している人は、友人や同僚にも数多くいると思います。

しかし、あなたを

・鼓舞してくれる人

・勇気づけてくれる人

・自信を持たせてくれる人

でなければ、見本にするべきではないです。

多くの成功者もおっしゃっていますが、上手くいくか失敗で終わるかを左右するのは、

継続的に行動できたかどうか

によるところが大きいです。

コツを教えてもらって、すぐ成功する人は、

・元々知識やスキルがある

・元々得意だった

というごく一部の人たちだけです。

我々凡人は、継続的な行動によって、地道にレベルを上げていかねばなりません。

昔、ドラクエで地道にレベル上げやりませんでした?

あれ?やってない?

じゃあ、逆に何やってたんですか?w

自尊心が1日2日で爆上がりすることはあり得ません。

地道なレベル上げが必要なんです。

見本となる人が見つかったら、その人のブログ、メルマガ、本、YouTube、Twitterなどの情報をストーカーしまくって下さい。

時には、その人が言ったことを自分が考えたようにパクって誰かに言っちゃってもOKです。

そんなことを繰り返しているうちに、自分にもその考えがインストールされていきます。

学ぶの語源はマネるです。

そんなマメ知識はクソどうでもいいんですがw

僕も昔は全然うまくいかなかったんですが、マネから入って上手くいくようになりました。

で、気づいたらそれが自分自身になっている感覚です。

だから、昔の自分が今の自分を見たら、

「え?昔と言ってること全然違くない?」

って思うと思います。

学生時代、カンニングってNGとされてましたよね?

でも、勉強の最終目的って、モノを覚えたり身につけることです。

だから、今の僕の思考は、上手くいっている人をカンニングしまくってマネた方が早くない?

っていう風に上手くいかなかった時代から180°変わりました。

だから、

・自分の憧れの人

・自分の好きな人

・自分の尊敬する人

を見つけ、その人が

・鼓舞してくれる人

・勇気づけてくれる人

・自信を持たせてくれる人

だったら、徹底的にマネしてみれば上手くいきますよ。

効果は、保証します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です