顔のコンプレックスを克服して武器に変える非モテ男の戦い方

コンプレックスが多ければ多いほど、彼女を作る上で有利になると知っていますか?

もしコンプレックスを隠すのではなく、武器にすることが出来たらあなたの人生は劇的に変わります

なぜなら、コンプレックスを笑いに変えられれば、恋愛で大きな武器を手に入れたも同然だからです。

☑顔が大きい

☑目が左右非対称

☑ほくろが多い

☑赤ら顔

僕には、上記のようなコンプレックスがありました。

コンプレックスがあるせいで、「俺には彼女ができないんだ」と思っていました。

小学生にして、頭周り57cm。

これは、当時所属していた少年野球チームでNo.2の大きさでした。

左目が奥二重、右目が一重。

お世辞もイケメンとは言えない。

生まれつほくろが多い(特に顔に)

ちょっと緊張すると、すぐ顔が赤くなる。

でも、それはすべて、自分が行動して傷つかないための言い訳でした。

顔のコンプレックスを武器に変える方法は、ブサイク芸人に学べ

顔のコンプレックスを話のネタに出来ると、状況は一変します

逆に、コンプレックスを気にして、クヨクヨしている男性を彼氏にしたいと思う女性をいくら待ってもあらわれません。

それは、これから一生彼女が出来ないことを意味します。

死Death。

芸能界の中でも、顔にコンプレックスが集まるのが芸人の世界です。

そんな先人たちに、コンプレックスを武器に変える方法を学んでいきましょう。

まずは、ザキヤマさん。

彼は、顔がデカい・アゴが割れていることで有名な芸人さんです。

彼が超ネガティブで、顔がデカいことを必死に隠そうとしていたら?

顔のデカさやあごの割れ具合をいじられて、マジ切れしていたら?

「小っちぇえ男だな」

「そんな気にしなくてもいいのに」

と思いませんか?

コチラの動画をご覧ください。

これは、英語力をはかる趣旨のはずが、ザキヤマさんの返しが面白過ぎて、クッソ笑えます。

やり取りの中で、

・顔がデカいこと

・あごが割れていること

に触れられています。

その返しが秀逸すぎます。

「なんでそんなに顔がデカいの?」

→体が小さいから、顔が小さく見えるだけ

「なんであごが2つに割れているの?」

→将来2人になる

コンプレックスは隠すモノじゃなく、利用するものなんですね。

続いて、こちらも顔がデカいでお馴染みのフジモンです。

顔がデカいことにコンプレックスを抱えていても、笑いに変えることで、

相手もそこをいじっていいと認識するので、女性と仲良くなるスピードも格段にアップします。

「オレ、顔デカいから集合写真撮る時は、バレんように半歩ずつ後ろ下がってんねんw」

「○○ちゃんの顔が野球のボールやとしたら、オレの顔バスケットボールやんwオレも野球のボールとして生まれたかったわw」

一緒に写真を撮る場合でも、

「オレ顔デカいから、あと10m下がっていい?w」

コンプレックスは、自分から触れて笑いに変えてしまいましょう。

逆に、隠そうとしてコソコソしていると、女性も

「触れたらダメそうだな」

と、気を遣います。

気を遣うと、疲れてしまいます。

その結果、あなたといる時間を苦痛に感じて、デート全体が楽しくないものに

思えてしまいます。

弱みを見せることで、心の距離が縮まるという話を聞いたことがありますか?

コンプレックスは、その「弱み」です。

その弱みをポジティブな表現で伝えることで、弱みが弱みじゃなくなります。

女性にいじらせる状態を作り出せれば、勝ったも同然です。

一番最低なのは、自分は女性をいじるけど、女性にはいじらせない。

そんな守り一辺倒の男なんて、一緒にいて楽しくもなんともありません。

僕は、一緒にいる女性に、

「顔は全然タイプじゃないよ♡」

とめちゃくちゃ笑顔で言われます。

よくよく考えてれば、超失礼な発言なんですが…w

仏の心を身につけた僕は、そんな事ではイラっともしません。

チクッとする程度の注射に「わーきゃー」わめき、泣き叫ぶのは3歳までですよね?

逆に、仲良くなるまでに免許証を出して

これ左目隠すと(実際手で顔を半分隠す)、ニュースに出てくる犯罪者じゃない?w

オレよく、左右で横顔の印象が違うって言われるんやわ。きっと二重人格だから気をつけてねw

という会話をしたり、

昔からほくろが多くて、年々増えてるんちゃうかな?って思って。あと5個増えたら死むかもしれんから、死ぬ前にオレのお願い聞いてもらっていい?w

みたいな会話をしています。

顔のコンプレックスは、隠すモノじゃなく活かすもの

コンプレックスは隠そうとすればするほど、目立ちます。

コンプレックスを武器にすることで、ポジティブな印象を与えられます。

弱みを見せれば、心の距離が縮まるという言葉を真に受けて、ネガティブに伝えてはいけません。

「オレ、顔にほくろが多いのが嫌なんだよね…」

「昔から、左右非対称な顔がコンプレックスでさ…」

女性から、100%社交辞令の

「そんなことないよ。」

と言ってもらえても、心の中では、

「なんで、私がフォローしなきゃいけないのよ。疲れるわ~」

「男ならそんな小っちゃいこと気にしてんじゃねえよ!殺すぞ?」

こう思っています。

ええ、間違いなく。

殺されないにしても、つまらない男認定されることになり、恋愛対象には絶対になりえません。

コンプレックスは隠すものでは無く、活かすものです。

コンプレックスがあることは、1つ1つが高級時計であり、ダイヤなどのアクセサリーです。

それを活かすも殺すも、持っている人の使い方次第です

笑いに変えられれば、コンプレックスを克服したも同然です。

コンプレックスをネタにして女性を抱くという新しい発想を脳内にインストールして、自分の武器に出来れば今までのコンプレックスはコンプレックスではなくなります。

これは、顔にコンプレックスがある非モテだけができる、イケメンには絶対にマネできない戦い方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です