婚活が難しいのは自己満オ〇ニー会話のせいかもしれない

婚活開始から、もう1年以上たつのになかなか結果がでない…。

自分なりに努力しているのに…。

婚活難しいな…。

こんな男性に限って相手への条件が厳しかったり、望むことが多すぎたりするんですが…。

まあ、いいやw

「努力しているのに、結果が出ない」

これはヒジョーーーによくわかります。

そこで、今日はあなたに努力を台無しにするクソつまらない自己満オナニー的会話をしていないか、自分と向き合って欲しいなと思っています。

僕も

「女性と何しゃべっていいんだろう…」

「自分には何の取り柄もないし…」

と自信のなかった頃がありました。

そんな時を振り返って思うのは、「マジで自分クソだったな…」ということです。

よく「昔はよかった」「あの頃は楽しかった」なんていう人がいますが、僕はタイムマシンがあっても、絶対に過去に戻りたくありません。

「今の脳ミソのまま戻れる」という条件付きで、あなたがそこまで言うなら帰ってやってもいいがw

まあ、そういうことで(どういうことだw)

『クソつまらない自己満オナニー会話』をしていないか?

ということを自己点検する機会を設けました。

婚活が難しいのは単純なミスをして大きなマイナスを喰らっているから

僕は女性との会話に苦手意識を持っていた時ほど、「自分をアピールしなきゃ!」と思いすぎていました。

その結果、目の前の女性を無視して、公開オ〇ニーをしているような状態でした。

相手に頼まれるわけでもなく、自らイチモツをさらけ出し、見てくれと言わんばかりにシゴきだす。

とっても気持ち悪いですね。

そう、僕は”気持ち悪いヤツ”だったんです。

気持ち悪かった僕がやっていた単純なミスとして、

・何が言いたいかわからない

・話が長すぎる

・必ず否定から入る

・自分の言葉に酔いすぎる

・すぐ感情的になる

・相手によって態度を変える

・仏頂面

・私利私欲が強すぎる

・価値観を押し付ける

・人の都合や予定を無視

・自慢話や自分語りが多すぎる

・女性からの評価を、気にしすぎる

思いつく限り、書いてみましたが我ながら「こんなにあったか」と恥ずかしくなりましたね。

逆に、これだけダメ要素を持っていたかと思うと尊敬してしまいますw

出会いの場でも、デートでも

・気の利いた一言

・好感を持たれる振る舞い

より先にやるべきことは、”ミスをしない”ことです。

どこからをミスというのか?

自分が成長したり、恋愛を成功させる上で、失敗はするものです。

だから、何かに挑戦した上で失敗するのは、人が成長する段階ではつきものです

ここでいうミスとは、女性に

「こいつ、ウゼえ…」

「マジで、ないな…」

と思われる単純かつ、致命的ミスのことです。

女性が

「セックスしたい」

「付き合いたい」

「結婚したい」

と思う男って、どういう男かというと「もっと一緒にいたい男」ですよね?

ということは、

「こいつ、ウゼえ…」

「マジで、ないな…」

と思われた時点で試合終了です。

諦めたら試合終了じゃないんですよ。

社会人の出会いって基本1回きりじゃないですか?

1回戦でいい印象を持たれる男だけが、2回戦に進めるんですよ。

最後に、たった1人としか結婚できないということを考えると、恋愛はトーナメント戦なんです。

ワールドカップの予選みたいに、負けても次がある、総当たり戦じゃありません。

目の前の女性が強敵で、違う女性に戦いを申し込めば勝てることもあります。

しかし、弱小だと総当たりでも連戦連敗。

トーナメントでも一生1回戦を突破できないということになります。

まさに悲劇ですね。

ご愁傷様です。

そんな弱小チームは、とにかくミスが多いです。

サッカーでオウンゴールしまくって、「勝つ気ありますか?」って状態です。

だから、先ほど紹介した

・何が言いたいかわからない

・話が長すぎる

・必ず否定から入る

・自分の言葉に酔いすぎる

・すぐ感情的になる

・相手によって態度を変える

・仏頂面

・私利私欲が強すぎる

・価値観を押し付ける

・人の都合や予定を無視

・自慢話や自分語りが多すぎる

・女性からの評価を、気にしすぎる

などいろいろなミスがありますが、男性がついついやってしまいがちなものを5つ紹介します。

全てに当てはまるのが、『相手の女性を無視している』ということ。

だから、致命的なんです。

人が一番興味があるのは、自分なんです

これを僕は脳髄まで染み込ませています。

「モテる 方法」などと検索するよりも、ミスを減らす方が間違いなく婚活成功への近道です。

自分語り、話が長い

婚活で初対面の女性に「アピールしなきゃ」と思えば思うほど、クソつまらない自分語りをしてしまいます。

デートの会話の主役は女性です

自分語りが必要なのは、女性に喋りやすい雰囲気を作るためです

初対面では、お互い緊張していたりして、久しぶりにあった友人と同じテンションでは話せないですよね?

それは、女性も同じです。

女性も緊張しているんです。

その緊張をほぐすために、先に自分から心を開き、しゃべりやすい雰囲気作りのためだけに自分のことを話します。

決して、自分の長所をアピールするためではありません。

ここを履き違えると「話なが…」と思われて、めでたく撃沈します。

女性が調子よくしゃべりだしたら、話の腰を折らないように、9:1くらいで女性に喋ってもらいましょう。

デート後に

「私ばっかり喋って、ごめんなさい。今度は、○○さんの話もっと聞かせて下さい。」

と言わせられると、ベストです。

リアクションが薄い

女性といい関係になれない人ほど、リアクションが薄すぎます。

僕も前は、

♀「昨日、何にも段差のないとこで転んじゃって超恥ずかしかった~。」

♂「あっ、そうなんだ。それで?」

みたいな、超薄いリアクションをしていました。

ビックリしたり、感動したからリアクションするんじゃないですよ?

相手に気持ちよく喋ってもらうためにリアクションするんです。

リアクションも相手のためです。

あなたがしゃべってて、無表情で話を聞いてる女性が目の前にいたら、

「あれ?この話興味ないかな?」

「帰りたいのかな?」

とか、いろいろ気になっちゃって集中できなくないですか?

だから、女性にあなたとの話に集中させるためにも、リアクションは必須です。

「マジか!凄いね~」

「ウソ!知らなかった~!それで、それで?」

自分でも「大げさかな?」と思うくらいがちょうどいいです。

内向的で普段感情を表に出さない人ほど、リアクションは意識した方がいいですよ。

僕もわりと表情に出にくいんでオーバーめにリアクションすることを意識しています。

ウソっぽくてもいいんです。

♀「絶対真剣に聞いてないでしょw」

♀「リアクション大げさw」

このように言われてたらしめたものです。

僕なら、

♂「めっちゃ真剣に聞いてるし。いつもより耳大きくなってるのわからん?w」

♂「昔、出川哲郎に憧れてたからw」

こう返します。

そうすると、

「全然わからない。てか、大きくならないしw」

「なんで、出川?w」

みたいな反応が返ってきます。

マジで、カッコつけてもいいこと無いですよ。

カッコつけほどカッコ悪いことはないです。

もっと言えば、プライドもいらないです。

女性から早くイジられるほど、女性とより親密になれます。

自分はいじるのに、女性にいじらせないのは最悪です。

自分は浮気するけど、女性の浮気は許さない的なね。

難しい言葉を使う

これは、以前恋愛工〇生が書いた「口説きの経典」を興味本位で読んだ時に思ったことです。

マジで読みにくすぎて、半分読むまで精神的にやられました。

横文字が多すぎて、「何言ってんの?コイツ」と思ったからです。

性格悪すぎですねw

「フェーズ」「ロジック」「ソーシャルプルーフ」など、カタカナをたくさん使うと一見賢そうに感じますよね?

しかし、本当に頭が良かったり話が上手な人は、相手が分かる言葉でしゃべります。

「口説きの経典」の中でも、「DHV」とか、「LMR」とか、「ソーシャルダイナミクス」とか。

女性だけじゃなく、人としゃべる時は中学生でも理解できるレベルの単語でいいんです。

話の途中で相手の頭の中を「?」でいっぱいにすると、「なんか、この人としゃべってると疲れる…」ってなります。

声が小さいわけでは無いのに「え?」って聞き返された経験があったり、一生懸命説明したのに、全然理解してもらえなかった経験があるなら要注意です

下心が透けて見える

女性は、男性の下心を敏感に受け取ります。

言い訳すれば、「こいつ自分のミスを認められないんだな」と思われます。

聞かれてもないのに、「○○っていう店予約しといたよ。」なんて言おうものなら、「うわ…褒めてほしそう…」と幼稚さを感じ取られます。

♂「そのネイル可愛いね(キランッ)」

♀「(うわっ、なんか狙われてる)あっ、ありがとうございます^^」

「何を言うか」が問題なんじゃなくて、「どんな気持ちで言うか」が問題です。

その言葉を発した根底に

・嫌われたくない

・好かれたい

・褒められたい

・認められたい

・すごいと思われたい

などの下心が見えた瞬間、女性の脳内であなたが発した全ての言葉が「僕とセッ〇スしない?」に変換されていると考えて下さい。

女性に気を遣いすぎる

さっきの下心の続きにもなるんですが、

・嫌われたくないから、優しくする

・失敗したくないから、「どこ行く?」「何する?」

とお伺いを立てる

・好かれたいから、褒める

自分を守るために、女性に気を遣いすぎていませんか?

そういう弱々しいメンタルは、言葉や態度にあらわれます。

女性は、変に気を遣いすぎる弱っちいメンズには見向きもしません。

これは僕の主観ですが、「気を遣われているな」と感じる人って長時間いると疲れるんですよね。

“気を遣わせない気遣い”が出来る人って、凄いなって思います。

そういう人って見返りを求めてないんで、さりげないし気づかれないことも多いんです。

僕は気遣いって、バレたら終わりくらいに思ってます。

婚活が難しいのはオ〇ニー会話をしているから。会話はセッ〇ス

「会話は、キャッチボールです。」

なんて、もう聞き飽きていると思いますが、その本当の意味を理解している人は少ないように感じます。

僕は、小学生のころから野球をやっていました。

キャッチボールの基本は、相手の胸に投げること。

もっと言えば、相手の取りやすい位置が胸付近ということです。

オ〇ニー自己満会話をしている人は、イメージとして

・足元に投げたり

・取りにくいバウンドの球を投げたり

・ジャンプしても取れない、高い球をなげたり

こんなことをしているんです。

相手が取りやすい球を投げるために会話では、

・リアクションしたり

・話しやすい雰囲気を作るために自己開示したり

・相手にいじらせたり

します。

それで相手の肩が温まってきたら、自分の深い情報をどんどん喋ってくれます。

好意を持った相手には、「自分のことを知って欲しい」と思うのが、人間の性です。

会話は自分と相手、双方向のコミュニケーションです。

まさに、セッ〇スと同じです。

セッ〇スは究極のコミュニケーションと言われますからね。

会話のキャッチボールができないと、女性の頭の中で「会話が成立しない=セッ〇スできない」という方程式が成り立ちます

だから、髪型・服装などの外見を改善することは大前提として、トークが苦手ならトークを学びましょう

と言っているんです。

僕自身、今でもトーク力はクソレベルですが、彼女ができなかった頃に比べると、天と地ほどの差があります。

(↑どんだけクソだったんだw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です