彼女いない歴=年齢の30代が婚活アプリを使った方がいい3つの理由

30代童貞が同い年の女性をデートで楽しませるってほぼ不可能ですよね?

もっと自分よりいい元カレがいたはずですよね?

まして性行為で楽しませるなんて、いくら経験を積んでも無理ですよね?

☑童貞の自分が、それなりに恋愛経験を積んできた女性を、楽しませるのは無理

☑恋愛経験ゼロの女性以外は、自分なんて相手にならない

☑経験を積んでいないと、セックスで女性を満足させられない

僕も、童貞当時はこんなことを考えていました。

女性と軽い世間話くらいは出来ても、楽しませる自信もないし、恋愛話もできない。

女性の裸なんて、うっすら記憶にある母親の裸か、AVの世界だけ。

でも、現実はそんなことありませんでした。

童貞の僕でも、十分太刀打ち出来ました。

僕もそのままの、不安いっぱいで自信にのない状態で、女性とデート出来るほど強靭なメンタルはしていません。

僕は、恋愛で上手くいっている人のブログやメルマガを読みまくり、知識を入れました。

知識を入れまくって、マッチングアプリを使い倒している間に、学ぶものがありました。

その経験から分かったことは、30代で童貞でも臆することなく、どんどん出会いを作っていった方がいいということです。

そんなこといきなり言われても、

「わかりました~。出会い増やしまーす!」

とは、ならないですよね?笑

だからこの記事を読んで、あなたの不安が少しでも減って欲しいなと思っています。

出会いを量産することで、彼女が出来る可能性が上がることは、あなたも分かっていると思います。

きっとあなたが臆病になってしまう理由は、おそらく当時の僕と同じだと思います。

行動出来ない理由は、期待より不安の方が大きいからですよね?

今は、「恋愛経験のある女性に自分なんかが相手にされるはずがない」と思っているかもしれません。

頭の中で想像と現実は、結構違います。

ここからは、童貞の30代は彼女作りのチャンスである理由を3つをお伝えします

童貞の30代だからマッチングアプリ

特に結婚適齢期のアラサー女性は、

「売れ残りたくない」

「幸せになりたい」

「早くパートナーを見つけたい」

と思っているものです。

こういった女性がいっぱいいるのが、婚活(マッチング)アプリです。

「友達に勧められて登録しました」という女性も、出会いを求めているから登録しているわけです。

「出会いを求めて登録しました。」ってなんかガツガツしてそうなので、「友達に勧められて」という理由にしているんです。

ペアーズを覗いてみると、相手の女性を検索で「30歳だけ」に絞っても400人以上ヒットします。

もう少し枠を広げて「27~30歳」に広げると、1,000人以上ヒットします。

マッチングアプリは、職場や街中と違い、出会いを求めている女性しかいません

そして、メッセージからやりとりがスタートするので、女性との会話が苦手な童貞さんに最適な出会い方なんです。

「童貞だとバレたら…」という不安は、僕も当時ありました。

しかし童貞という事実は自分で言いださない限り、バレることはありません。

一番女性に敬遠されるのが、童貞っぽい男性です。

童貞という事実ではなく、童貞っぽいという雰囲気です。

“童貞っぽさ”さえ消して、最低限女性に受け入れられる外見さえ整えておけば、出会いたい放題です。

出会ってメッセージのやり取りをしたり、デートするという経験の中で、学ぶことはたくさんあります。

人は共通点が多いほど仲良くなりたいものです。

「年齢が近い」というのも、共通点です。

年齢が近い、世代が近いということは、見てきたテレビ番組や聞いてきた音楽が一緒ということです。

そこにちょうど、結婚を考え始めて「出会いがない」という状況の女性が1,000人以上います。

これ以上、出会える環境はどこを探してもありません。

童貞の30代でも元カレたちに勝てる

僕がまだ童貞を卒業する前、マッチングアプリで出会った女性たちに過去の彼氏の話をたくさん聞きました。

そうすると、結構ひどい男達が結構いました。

30代童貞が同い年の女性をデートで楽しませるってほぼ不可能ですよね?

もっと自分よりいい元カレがいたはずですよね?

このように不安を持っていたのがバカバカしいと思うくらい、変な男性に出会っていました。

☑キレて暴力を振るう男

☑アル中気味の男

☑無理やりホテルに連れ込もうとするも、女性が逃げると、車で追いかけてくる男

“もっと自分よりいい元カレがいたはず”と言うのは、完全に思い込みでした

モテる女性ほど、たくさんの男性とデートしたり、デートの誘いを受けていますが、

「オレの方がよっぽどマシじゃない?」

と思えるような男性も中にはいます。

「上には上がいる」と言いますが、「下には下がいる」ことも実感しました。

↑以前の記事でも言っていますが、例え今童貞であっても彼女がいたことがある男性をゴボウ抜きするのは、それほど時間がかかりません。

ある程度信頼関係を作ってからにはなりますが、出会った女性に、

「過去最悪のデート」や「ないわ~と思った男性の話」

を聞いてみて下さい。

ホントひどくて、自分がかなりマシに思えますよ(笑)

恋愛だけじゃないですかね?

未経験の超初心者が経験者をぶち抜ける世界って。

きっと仕事では、そうもいかないと思います。

やっぱり経験者が強いです。

仕事では研修で学んだり、先輩から教わったりします。

しかし、恋愛を誰かから学ぶ機会ってこれまでありましたか?

恋愛は学べば上手くなる」という発想がほとんどの人にないからこそ、チャンスなんです。

元カレとのセックスに満足していない女性は多い

セックスも学ぶことは無いですよね?

ほとんどの男性は、どこかでみたり聞いたりした、正解か不正解かわからない不確かな情報を元に、AVのマネごとをしているんじゃないでしょうか?

男性が話題にするのは、

「何人とヤッた」とか、

「23歳の看護師とヤッた」などです。

「どうやって女性を満足させるか?」

こういった話は、男同士で真剣に語ることはありません。

だからこそ、セックスに満足感を感じていない女性は沢山います。

僕が出会った30代の女性の中でも、何人かと付き合って体の関係もあったけど、

「イッたことがない」

と言う女性は多くいました。

女性がセックスで男性に持つ不満は、

「前戯が短い」とか、

「扱いが雑」とか、

ほとんどは男性が独りよがりで、女性のことを考えていないことから起こります。

セックス全体のある程度の流れはインプットしておくことが前提ですが、童貞でも女性を大事に考える気持ちがあれば大丈夫です。

「どこが気持ちいいのか?」

「痛くないか?」

など、わからないことを素直に聞いた方が、独りよがりな男より、「ちゃんと私のこと考えてくれている」ということに、女性は満たされます。

「経験人数が多い男性ほど、独りよがりで下手くそ」

こういうことを言う女性もいるほどです。

童貞だからと言って、臆病になってしまう気持ちは痛いほど分かりますが、実はそんな怖がるほどでもないんですね。

「一緒に気持ち良くなりたい」

「気持ち良くなって欲しい」

女性は脳でセックスすると言われます。

テクニックより、気持ちの方が間違いなく大事です。

まとめ

この記事をまとめますね。

童貞の30代は彼女作りのチャンスである3つの理由

彼女いない歴=年齢の30代は彼女作りのチャンスである3つの理由

・アラサー女性は「結婚」を意識するので、一番出会いを求めている

→自分の年齢±3歳くらいが一番出会いやすい

・恋愛経験少なめの元カレたちの話を聞くと、結構ヒドイ

→恋愛を学べば、十分逆転できるレベル

・元カレたちとのセックスに満足していない

→独りよがりの男が多いので、これも逆転可能

アラサー女性たちの現状を想像すれば、分かります。

なぜ、今も独身なのか?

今までの彼氏たちに満足できていたら、もう結婚しているはずです。

「何か違う」と思ったから、今も独身なんです。

ほとんどの男性は、恋愛は学ぶものだとは思っていないので、30代で童貞でもすぐに追いつけるんです

僕もそうでしたが、99%の男性は、「何をしたらダメで、何をしたらいいのか?」を誰から教えられることもなく、自分の経験だけを頼りに手探り状態です。

仕事には、マニュアルや先輩たちの教えがあります。

車も教習所に通い、学科と実技をこなせば普通に車を運転できるレベルになります。

始めて公道に出る時は、ドキドキしたり不安に思うものですが、何回か繰り返していれば、段々慣れてきませんでしたか?

彼女を作ったり女性と仲良くなったりするのも、知識を学び実践を繰り返せば、一定レベルには到達できるんです。

そして、その一定レベルに到達したころには、周りのライバルたちや、女性の元カレたちを追い越しているものです。

今は信じられないかもしれませんが、恋愛の分野は、学んだもん勝ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です