恋愛経験なしで婚活する男が知っておきたい大人のデートの振る舞い

学生時代のデートならともかく、大人になってからのデートでは大人の男性としての振る舞いが求められます。

女の子の言う「普通の人」って、男が考える”普通”だと彼氏候補から勝手に脱落しているのを知っていますか?

これは、付き合った彼女や女友達から直接聞いた”本音の部分”なので、信憑性はなかなかのものだと思ってます。

彼氏がいそうな女の子でも、

「誰かいい人いないかな~」

「イケメンじゃなくていいから、普通で良いんだよね~」

なんて、平気で言ってますからねw

いろいろ話を聞いているうちに、

女性が求める”普通”が出来てないから、彼女できないんじゃない?

と思って、この記事を書くことにしました。

デートでの振る舞い次第で、

・彼氏候補としてアリ

・彼氏候補としてナシ

って振り分けられていますからね~w

怖いですね~w

なんでそんな上から目線なのか知らないけどw

文句があるなら、彼女作らなきゃいいだけの話ですからね。

デートの振る舞いで絶対に失敗する3つのケース

デートで気をつけなきゃいけないことって、山ほどあるんですが、全部書いてたら2兆個くらいあるんで、絶対にやってはいけないことを3つだけお伝えします。

学生のデートならアリでも、社会人の大人のデートでやってしまうと「コイツ、ないわ~」って後で女子会のネタにされるくらいヤバいやつだと思って下さい。

初デートは、1~2時間のランチデートをおすすめしてるんで、その想定で。

デートでやってはいけない3つのこととは、

1.待ち合わせが屋外

2.お店を予約していない

3・店員への対応がクソ

です。

1.待ち合わせが屋外

「じゃ、11時にハチ公前で!」

「13時に金時計前で!」

「12時に○○駅北口で!」

って、中学生じゃないんだからw

なぜ屋外がダメかって言うと、

・夏は暑い

・冬は寒い

・座れない

・人が多くて、探すのに一苦労

という、デメリットだらけだからです。

待ち合わせを屋外にしてる時点で、

「この人、気遣いの出来ない人なんだな」

「相手のこと、全く考えない人なんだな」

と思われても仕方ありません。

じゃあ、どうすればいいか?

待ち合わせは、店内で現地集合が原則です。

自分が先に着いても、席に座って待ってればいいわけで。

もし、女性の方が早く着いたとしても、メニューをみたり、スマホをいじったり、外よりは全然退屈じゃないでしょ?

エアコンが効いてるんで、夏も冬も快適。

2.お店を予約していない

僕が生まれ育ったような人口5,000人くらいの超クソド田舎だったら、予約なくいつでもお店に

スッとは入れるかもしれません。

でも、マッチングアプリで出会うと、住んでるとこもちょっと離れてたりします。

そんな時選ぶのは、繁華街です。

となると、昼時11~13時は混んでます。

最寄りの駅前で待ち合わせて、歩いて行ったのに「待ち」なんて最悪です。

段取り力のないデキない男』というレッテルを張られたら、一巻の終わりです。

あなたが、明石家さんまさん並みのトークスキルを持っていて、1時間でも2時間でも笑わせ続けられる自信があったとしても、お店は予約必須です。

ということは、予約できないカフェは必然的にデートでは使えないということになります。

・待ち合わせ場所に着いたけど、立ちっぱ

・待ち合わせ場所に着いたけど、会えない

・お店に着いたけど、入れない

こういった小さなストレスの積み重ねで、彼氏候補から脱落していることに早く気づいた方がいいですよw

屋外で待ち合わせして、お店も予約してない輩が、

「なんで初デートの後から、LINE返ってこないんだろ?」

「オレ、何かやらかしたかな~」

という、小ボケをやってのけるのですw

僕がモニタリングしてたら、「それだよ!それ!」と指をさして、大声で指摘するでしょう。

3.店員への対応がクソ

ヤフー知恵袋でも、かなりの数取り上げられています。

「店員にタメ口で話す人って、どういう神経してるんですかね?」

→金を払ってるから、自分の方が立場が上

→神経なんてない人たち

「店員にタメ口のお客さんを見ると、かわいそうになりますよね?」

→教養のない人

僕は、一緒にデートしている女性が店員に、

「うんうん、同じタイプで他の色ってないの?」

とか言ってると、お灸をすえてやるタイプですw

彼女を作る方法を超絶簡単にいうと、「快」を積み重ねていけばいいだけです

店員にタメ口でしゃべる人は、「不快」を与えているんです。

一回調べてもらってもいいんですが、店員にタメ口でしゃべる人に対して、不快感を持つ人はかなりいます。

ということは、一緒にデートしているほとんどの女性も不快に感じるということです。

彼女を作る方法が、「快」を積み重ねることなら、「不快」を積み重ねることで、見事彼女が出来ないというのを達成できるということです。

店員への対応で、結構見落としがちなのが、

・店員さんにメニューを頼んだ時の「お願いします。」の一言

・店員さんが料理を運んできてくれた時の「ありがとうございます。」の一言

・会計時の「ありがとうございました。」の一言

・すべての一言に笑顔をそえることです。

「仕事じゃないんだから、プライベートくらいいいでしょ?」と言いたいかもしれません。

「そんな気の抜けた態度で、店員さんに偉そうにテキトーな対応してるから彼女できないんじゃないですか?」

と、心の中でひっそりと思っていますw

デートで楽しい空気を作らなきゃいけないのに、相手をわざわざ不快にさせてどうするんですか?

「俺には、それくらいのハンデが必要だぜ~」

「マイナスからのスタートの方が燃えるんだよな~」

という強靭な精神力の持ち主なんでしょうか?w

徹底的に自分を痛めつけるアスリートタイプ?w

女性も怒りを通り越して、こう思うかもしれません。

「あぁ、なんてかわいそうな人なんだろ…」

最後に

超基礎的なデートの振る舞いで、やってはいけないことをお伝えしました。

1.待ち合わせが屋外

2.お店を予約していない

3・店員への対応がクソ

自分では当たり前のようにやっていて、ミスに気づけないことって結構あります。

僕も指摘してもらったり、自分で「アッ!おれコレやってないな」って気づけたんで、今の自分があります。

ここまで読んで、この3つが原因でフラれたらオジサンが許しませんよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です