婚活でモテない男性が知らないと損する非モテ要素トップ3を発表!

容姿は自分とさほど変わらないのに、何股もかけているような男性がモテてしまうことに悔しさを感じた事がないでしょうか?

女性をアクセサリーか”性欲処理の穴”としか思っていない男がモテて、

仕事も真面目にやって女性に対しても誠実に接している自分が

モテないのはおかしいと感じた事はないでしょうか?

自分は約束をすっぽかされたり、フェードアウトされることが多いのに、

女性はなぜあんな男になびいてしまうんだろうと世の中の不公平さに

憤りを感じた事はないでしょうか?

これまでに「モテる男の40の特徴」や「女性が思うモテる男の条件30」を読んで

モテるようにならなかった男性にとって、この記事はとても刺激的に感じるかもしれません。

あなたはこれまで、「何をすればモテるようになるのか?」と考えた事があると思います。

上記のような「モテる男性は○○している」みたいな記事を読んで、その中の何個かを取り

入れた事があるかもしれません。

それで、女性の反応は良くなったでしょうか?

では、こう考えた事はありますか?

「何をしなければモテるようになるのか?」

婚活で女性に選ばれるために、多くの男性は良かれと思って、

「食事代を出したり」

「プレゼントをしたり」

「マメに連絡したり」

「女性に優しくしたり、気を遣ったり」

「モテそうな趣味を始めてみたり」

頑張っています。でも残念なことに、頑張れば頑張るほどモテないんです。

婚活でモテない男性が知らないと損する、非モテ要素トップ3

婚活でモテないと嘆く男性には衝撃的な話なんですが、ほとんどの場合、

外見で損をしています。

外見とは、顔の作りそのものではなく、”雰囲気”です。

「雰囲気イケメン」がモテるのは、ちゃんとした理由があります。

それは、女性が感情的で感覚的な生き物だからです。

雰囲気イケメンになるのは、難しい事ではありません。

断言します!

「婚活でモテない男性は内面より、外見を磨け」と。

あなたがいくら内面に自信を持っていても、外見でアウトを喰らったら、内面を

見てもらうことが出来ません。

「外見より内面重視」という女性の言葉を真に受けないことです。

内面重視なのは、長い付き合いを考えれば本音なんでしょうが、それは外見をクリアした後の

話です。

次に上げる非モテ要素のランキングトップ3は、シドニー大学の研究による、

「パートナーを選ぶときに人間が避けてしまう要素のトップ3」です。

ここで「シドニー大学って日本関係ねえじゃん!」と言って、スルーしてしまうのは

モテない男性の思考です。

女性の話に自分が意見が違うからと、真っ向から否定してしまうのがモテない男性で、一度

女性の意見を最後まで聞くのが、モテる男性です。

3位~1位の発表の後、どうすれば外見でアウトにならないようになるのかをお話します。

3位:不潔

「生理的に無理」って言うのは、大抵女性です。

男性で、女性に対して「生理的に無理」と言うのは、あまり聞いたことが無いですよね。

あなたも含めほとんどの男性は、毎日風呂に入って清潔にしています。

ではなぜ、「不潔」がこんなに上位なんでしょう?

女性に好きな男性を尋ねると間違いなく、「清潔感」という要素が出てきます。

目ヤニがついているとか、鼻毛が出ているは論外ですが、

シャツにくしゃくしゃのシワがある、ワイシャツなどの袖口に黒ずみがあるのも

選択していても不潔そうに見えてしまうので要注意です。

無精ひげ・寝ぐせ・歯の黄ばみとかも、不潔そうな印象を与えます。

そして、男性が意外と見落としてしまうのが、靴の汚れです。

特に白いスニーカーは汚れが目立ちます。

ここまで、注意していない男性が多いからこそ、綺麗な靴を履いているだけで、好印象

を持たれることもあります。

女性はとにかく「不潔」と感じてしまうものに、近づいたり触れたりしたくないんです。

2位:臭い

ワキガ・体臭・口臭・足の臭いなどがきつい自覚がある場合は、必ず対策しないとマズいです。

あとは、本来ほんのり香って、女性を刺激するはずの香水が、つけ過ぎによって女性に不快な

思いをさせていることも。

あなたも女性のシャンプーの香りが好きなように、女性も男性の香りは好きなんです。

でも、強すぎるニオイは苦手なんです。

「香水をつけている男はチャラい」と敬遠する女性もいるので、僕個人的には香水無しで

勝負することをオススメします。

香水が好きな女性であれば、好きな香りを聞いたり、香水選びに付き合ってもらったり、

デートや会話のネタにするのもアリじゃないでしょうか。

1位:不健康

不健康というのは、健康診断の結果では無く、不健康そうな見た目とか習慣のことです。

例えば、肌が脂っぽいとか、太っているとか。

肌が脂っぽいのは、肉中心・偏食とか不規則な食生活を想像させます。

太っているのも、不規則な食生活と同時に、自己管理が出来ない人という印象を抱かれても

仕方ありません。

“タバコを吸っている”それだけで、恋愛対象から外れてしまうこともあります。

タバコは吸わない女性から見れば、不健康・不潔・臭いの3拍子揃った最強最悪のアイテムです(笑)

今太っているとしても、「筋トレをしている」という事実があれば、女性に簡単な筋トレを

教えてあげたり、ダイエットの難しさで共通点を見つけたり出来ます。

30代で実際に、病院のお世話になるほど不健康、という人は少ないので”不健康そう”に

見えないように心がけたいですね。

婚活でモテない男性は、内面より外見を磨くべし(1~3位のまとめ)

外見で損をしていては、いくら会話に自信があっても、エスコートに自信があっても、

それを見てもらうができません。

1位から3位は、全て外見的な事です。

1位の「不健康」でさえ、実際に不健康かどうかでなく、不健康そうに見えるかどうか

が重要です。

健康に見えて、清潔感があって、嫌なニオイがしなければ、外見はクリア出来ます。

僕は、タバコで歯が黄ばんでいたので、ホワイトニングして、その後もホワイトニング効果

のある歯磨き粉を使っています。

清潔感のある髪型をキープするために、美容室には1ヶ月~1ヶ月半に1回は行きたいところです。

美容室では、自分の好みより、プロ(美容師さん)に「僕、どんな髪型が似合いそうですか?」と、

尋ねてみて下さい。

モテない自分の主観より、女性の客観的な視点を取り入れた方が、確実に女性に好印象を

与えることが出来ます。

これはファッションも同様です。

女友達か女性の店員さんにコーディネートしてもらってた方が、女性に好感を持たれる

ファッションになりやすいです。

とにかく第一印象で、好印象を与えられるように、自分が最大限かっこよく見えるような努力

が必要です。

女性との会話が上手くなったり、自分の内面磨きにはある程度時間がかかります。

1日2日で簡単に身につくものではありません。

でも、外見はすぐに変えれます。

髪型を変える

パーマや長髪は、似合う人・似合わない人に分かれてしまいますが、”黒髪短髪”で女性に悪印象を

持たれることは、ほぼありません。

服装を変える

服装はセンスよりもサイズ感です。

大きいダボッとしたものは、だらしなく見えます。

小さいピチッとしたものは、気持ち悪く見えます。

買う時は、しっかり試着して身体にピッタリとジャストなものを選びます。

よほど奇抜な色の組み合わせとか、一昔前の流行り服とかじゃなければ、OKです。

あとは、笑顔をプラスさせれば最高です。

無表情だと、話しかけにくい雰囲気になってしまったり、暗い印象を与えてしまいます。

女性と喋っている時は、笑顔を心がけましょう。

「スマイル0円」という言葉があります。

あなたは、不愛想な女性店員と、笑顔の女性店員。

どちらのレジで買いたいですか?

もちろん笑顔の女性店員さんですよね。

女性もそれと同じで、やっぱり笑顔の多い男性の方が印象が良くなります

なので、普段の仕事中の挨拶から、笑顔で挨拶をして、本命の女性との本番のためにしっかり練習しておきましょう。

婚活でしている男性には実際、複数のライバルがいます。

婚活をしている女性は、あなた以外の男性にも出会っているんです。

その中で自分に目を向けるためには、第一印象がとても大切なんです。

第一印象は書類選考と同じです。

書類選考で毎回落ちていては、面接さえ受けさせてくれません。

なので、婚活では第一印象が最も大事なんです。

悲しい現実として第一印象が良くないと、恋愛対象にすらなれないんです。

心理学に「メラビアンの法則」という第一印象に関する大事な法則があります。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心理学名誉教授のアルバート・メラビアンが、1971年に発表した研究結果の論文で、「人の第一印象を決める3つの要素は何か?」を研究してまとめたものです。

その3つの要素とは、

・言語情報7%

・聴覚情報38%

・視覚情報55%

これだけだと分かりにくいので、少し解説すると、

人がどの情報を優先して受け取り、印象を決めているのか?を表しています。

つまり、

視覚情報(目に見える、顔や仕草・表情など)が55%。

聴覚情報(音として受け取る、声のトーンや強弱や大小など)が38%。

言語情報(話の内容)が7%。

そして、第一印象は3~5秒で決まり、その後よほどの事がないと、自分自身でその第一印象

を覆そうとはしません。

ということは、会って3~5秒で持たれた印象が悪いと、恋愛対象として話すら出来ないという

ことです。

例外があるとすれば、同じ会社に勤めていて、たまたま見た優しい一面で印象が変わることがあり、恋愛に発展する場合くらいです。

婚活における、第一印象の大切さをお分かり頂けたんじゃないでしょうか。

婚活でモテる男性が”しない”3つのこと

ここでは、最初にお話した

「何をしなければモテるようになるのか?」

を詳しくお話します。

この3つはやってしまうと、自爆テロ並みに危険なので、女性にフェードアウトされて当然

と言えるでしょう。

自分を大きく見せようと”しない”

自分に自信が無かったり、劣等感やコンプレックスを持っていたりすると、この傾向が強く

なりがちなんです。

男の見栄かプライドか分からないですけど、

・自分がいかに一流企業に勤めているか

・自分が学生時代に活躍した功績や実績

・自分がどんな悪さをしてきたか

・自分が仲間内でどんな立ち位置にいるか

などの話をして、自分がいかに優れているかを証明したり、アピールする男に女性は

飽き飽きしています。

逆の立場になって考えればわかりますが、

好きでもない人の過去の話に興味ありますか?

婚活でモテる男性は、女性の話を聞ける男性です。

そのために、質問します。

質問ばかりだと警察の取り調べみたいになってしまうので、

・相手が少し答えにくい質問をする時には、自分のことを喋ってから聞く

・初対面で相手の緊張をほぐすために、過去の失敗談を話す。

など、必要以上に自分のことを話しません。

基本の姿勢は、「女性の話を聞く」。

言い方を変えれば、「女性に情報を出させる。」ということをしています。

そこから、相手の好みに合わせて次のデートのお誘いをします。

とにかく自分の話は、女性から聞かれるまで話さないくらいのスタンスの方がいい結果を生みます。

これは、僕も衝撃だったんですが、

女性に8割くらい喋ってもらうと、女性はその時間を楽しい時間と認識します。

そして、その時間を一緒に過ごたのはあなたですから、「あなたと一緒にいて、楽しかった」

と解釈するんです。

女性に恋愛対象に見てもらうために、面白い話やすべらない話は必要ありません。

女性を笑わせなくても、女性を笑顔に出来ればいいんです。

しつこく”しない”

モテない男性はベタッとしていて、モテる男性はサラッとしています。

誘い方にしても、気遣いにしても、ボディタッチにしても。

女性を誘う場合も、

♂「今週の日曜、動物園行かない?」

♀「ゴメン…。今週の日曜、友達と約束してるんだよね…。」

♂「え?じゃあ来週は?いつがい空いてる?空いてる日教えてよ!俺が合わすからさ!」

♀「え?(必死過ぎ…怖い…)・・・」

デートの約束を取りつけることに必死になりすぎ、相手のことを考える余裕がありません。

こんな展開だとどうでしょうか?

♂「今週の日曜日、動物園行かない?」

♀「ゴメン…。今週の日曜、友達と約束してるんだよね…。」

♂「そっか、残念だな。○○ちゃん友達多いもんね。この前会ったばっかなのに、動物園はないよね(笑)○○駅の血悪の居酒屋美味しいって噂だけど行ったことある?」

♀「無いんです~。」

♂「じゃあ、今度2人で冒険しに行かない?」

この結果は、女の子が男性にどれだけ好意的かによりますが、話題を変えて、少なくともしつこさは感じないんじゃないでしょうか?

ここで、女性側に少しでも好意があれば、あなたがせっかく誘ってくれたチャンスを逃すはずは

ありません。

居酒屋デートのために時間を空けてくれたり、

「動物園はいいの?」って聞いてきたり、何かしら「あなたとデートがしたい」という

行動を起こします。

連絡が途切れずに返ってきたり、脈がある場合は、女性のデートへの返答も、LINEの返信などの

反応は良くなります。

もう一つコツをお話します。

「動物園」みたいなデートの定番スポットで反応が悪ければ、「居酒屋」や「ランチ」で再提案

します。

なぜかというと、2時間くらいでパッと帰れるような場所なら、女性の心理的不安が減るからです。

最初に提案したものよりハードルを下げて、再度女性に提案してみるといった形をとると、

「そのくらいならいいかな。」とのってくれる可能性があります。

知り合って間もない「相手のことを知ろうとしている頃」に、長時間のデートは女性の心理的

不安が大きくなってしまいます。

なので、1回の豪華なデートよりも、2時間くらいの食事で会う頻度を上げた方が、好感度も

上がりますし、大きな失敗をしてしまうリスクも避けられます。

しつこくしないことで、女性に「こちらの気持ちを配慮できる人」と思ってもらえるメリット

もあります。

小さなことですが、こういうことの積み重ねが「気遣い出来る人」「余裕のある人」として、

うつるのではないでしょうか?

“ガツガツ鼻息荒くしないこと”が、いい結果につながります。

偉そうに”しない”

仕事や体育会系で上下関係に慣れている人は要注意です。

人と人のコミュニケーションは、基本は対等であるはずです。

でも、学生時代~社会人になっても、上下関係がある社会に慣れきっていると、「どちらかが上で

どちらかが下」という見方を無意識に刷り込まれています。

「店員さんに偉そうな態度」は女性を幻滅させます。

お客が上で、店員さんが下という見方をしていると、タメ口で喋ってしまい、「常識のない人」

だと思われ、その女性と二度とデートできないでしょう。

料理が遅い場合でも、

「すみません、さっき頼んだ○○って、注文通ってますか?」などと、

冷静に礼儀正しく伝えましょう。

トラブルがあった時、それにどう対処するかを女性はよ~く見ています。

常に、謙虚な姿勢を心がけたいです。

女性に対して、自分のことは棚に上げ、説教したり、持論を展開するのも嫌われます。

「女なんだから、料理くらいしたら?」なんて言ってしまうと、

口では、「やっぱそうだよね~」なんて答えていても、心の中では、

「お前は、男として完璧なのか!怒」と思われます。

こういう接し方をしているとめでたく、「上から目線のうっとうしい男」という称号を

得られます。

どの世界でも自己投資出来るやつが結局強い

仕事でも、恋愛でも勝てる人・デキる人はもれなく有意義な自己投資をしています。

服やスーツ・靴は、あなたの見栄えを良くします。

本は、知識が増え、会話の幅が広がります。

恋愛教材は、女性とのコミュニケーションが格段にアップする上、他の男性とはっきりと差別化され、貴重な存在になれます。

今の自分に何が足りないのか、今の自分に何を足したいのかを考えて「価値があると思うもの」に投資しましょう。

僕も常に、自己投資は意識していて少しでも成長したいなと思っています。

意識的に自己投資している男性が少ないからこそ、少しやればゴボウ抜き出来ます。

コミュニケーションなど、上達に時間がかかるものもありますが、投資したものは必ず

自分に返ってきます。

車にお金をかけても、売ってしまえば思い出しか残りませんが、

自分にお金をかければ、可愛い彼女と付き合えたり、会社での人間関係も良くなったり、

いいことだらけです。

自分自身にお金をかけて、より良い人生を目指していきましょう。

あなたが選ぶ道は2つ

さて、ここまで読んでいただいて、今どう感じているでしょうか?

あなたがこれから選ぶ道は2つです。

1つは、これまでと同じように、モテる男を羨ましそうに指をくわえて見る道。

もう1つは、自分がモテる男の側にたつ。

あなたはどちらの人生を歩みたいかは、明白ですよね?

婚活人生を最短最速で終わらせ、可愛い彼女を作るには、

①外見を最大限に高める(女性に恋愛対象外にされないため)

②内面(コミュニケーション能力・性格・人格など)を磨く

たったこれだけで、女性が「こんな男性、これから出会えないかもしれない」と危機感を

抱き、あなたは終われる存在になれます。

なぜなら、婚活でモテない男性は、「こんなモテないなら、結婚は諦めた方がいいのか」

と嘆くだけで、”自分を高めよう”とは思わないからです。

だから、ちょっと努力するだけで、他の男性に差をつけられます。

そして、婚活パーティーや婚活アプリで勝てる男になれるんです。

婚活アプリなら、断然国内最大級「1000万人」が利用する恋愛・婚活マッチングサービス
Pairs(ペアーズ)』がおすすめです。

僕も使っていました。

同じ趣味や価値観の相手が選べたり、年齢で探したり、いろんな条件で好みの女性を探せます。

Pairsでは、これまで延べ20万人以上に恋人ができたという実績があります。

次は、あなたの番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です