女性と話すきっかけがないから彼女できない男性の現実的打開策

男兄弟、工業高校、工学部、就職しても周りは男だらけ。

でも、どうにかして彼女を作りたい

あなたの気持ちは、痛いほど分かります。

もうホントに。

中学以来、女子としゃべった回数はマジで数えられるレベル。

記憶を鮮明に思い出せるくらい、数少ない。

男3人兄弟。

田舎育ちだったため、中学までは学年のほとんどは保育園からの幼なじみ。

高校は機械科に進んだため、クラス40人全員男。

就職した先にいるのは、事務員のおばちゃん2人。

恋愛経験もなければ、女性に対して免疫もありません。

母親以外の女性と、会話らしい会話をしたこともない。

もう、女性と過ごした記憶だけ無くしているんじゃないかと思うほど、絶望的な状況ってありますよね?

「オレ、もしかして記憶喪失じゃね?w」

「あれ?これ、一生彼女できないパターンやなw」

みたいな。

僕もまさに、そんな状態でした。

友達も少ないし、そもそもクラブ通いしてるウェーイ系の友人なんていないので、合コンも期待できませんでした。

そんな状況から、

1.出会いが無い

2.恋愛経験が無い

3.彼女ができない

の3無いの状態を、僕がどうやって打開してきたのかを順番にお伝えします。

出会いが無い

これは、もう周りに期待してもしょうがない。

男兄弟に生まれたことを恨んでも、仕方ありません。

工業高校に進学したことを後悔しても、こればっかりは仕方ありません。

今でこそ、こんなことを言っている僕ですが、高校に通い出して3日で「やっぱ普通科にしときゃ良かった…。」と後悔しまくってましたw

自分の選択を呪いまくりましたw

もう周りに期待するのをやめませんか?

あなたは今、自分の半径5mだけを見て「出会いが無い」とほざいているだけなんです(←口悪い)。

確かに、周りを見てもあなたの視界にはこの3タイプの女性しかいないと思います。

・彼氏持ち

・既婚者

・そもそもタイプじゃない

しかし、もっと視野を広げてみると、「彼氏が欲しい」と思っている女性は腐るほどいます。

ホントに腐るほど…。

あなたには今は、見えていないだけです。

ご存じですか?

ペアーズという一億人総インターネット時代の超革命的な出会いをw

幸運とは、自ら動かない限り決して訪れないものだ

スティーブン・リーコック

じっくり考えろ。

しかし、行動する時が来たら考えるのをやめて進め。

ナポレオン・ボナパルト

恋愛経験が無い

これは、出会いが無い状態ではどうにもならないので、まずはペアーズで出会いを増やしましょう

出会いを増やす過程で、やっておかなければいけないのが、見た目を最大限に高めること

女性は、男性と出会ってすぐに恋愛対象として「アリかナシか」を判断しています。

生理的に無理

男性はこんなことを言いませんが、女性は平気でこんなことを言います。

ペアーズで出会った女性にこんな質問をしてみて下さい。

「生理的に無理って思ったことある?」

「今までデートした中で、ちょっと引いた男の行動とかってある?」

この話題をふると、盛り上がるのは当然なんですが、『何をやったら一発レッドカードになるのか』を、女性から直接聞けます。

いろんな女性とデートして、モテない男あるあるを聞くと、ネットの情報よりリアルな女性の声を聞けるのでいいですよ。

もちろんネットの情報もウソではないんですが、女性も1人1人、細かいところの価値観は違うものです。

「女性はこういうものだ」と、法則的にひとくくりにしてしまうのはよくありません。

出会いを増やし、10人の女性とデートすれば、もう恋愛経験が無いとは言わせません。

誰でも最初は恋愛経験ゼロからスタートしています。

1人、また1人とデート出来る女性が増えてくれば、女性としゃべることに徐々に慣れてきます。

女性に慣れてくれば、初対面は緊張するものですが、これはあなたが乗り越えなくてはいけない最初の壁です。

ペアーズのいいところは、あらかじめ相手のプロフィールからネタを拾って、メッセージのやりとりを始められることです。

合コンだと全てを会話の中で引きださなければいけません。

しかし、ペアーズは違います。

女性のプロフィールに好きな芸能人、アーティストが書かれていたり、「buck number大好き」などのコミュニティに入っていたりします。

だから、マッチングしたら、ファーストメッセージで

初めまして。マッチングありがとうございます。僕もbuck numberが好きなので、お話したいなと思って”いいね”させて頂きました。いよさんの声いいですよね。男の僕でも、キュンとしてしまいますw

みたいなメッセージを送ればいいんです。

僕はまずは女性慣れしようと思って、始めは自我を消しに消しまくってまいた。

自分のタイプかどうかよりも、デート出来る女性を探してた感じです。

「来るもの拒まず」状態です。

とにかく種をまきまくって、生えてきたやつが何の野菜かわからないけど、食べてみるみたい状態でした。

あなたの理想の女性が、清楚系のさらさらロングヘアの細身の女の子とのデートが本番だとしたら練習も必要です。

高校も大学も「本命」と「すべり止め」っていう受け方するじゃないですか?

あなたがスポーツをしていたなら、

「練習で出来ないことは、本番で出来ない」

ってことは分かりますよね?

彼女ができない

出会いを増やし、毎週デート出来る状態であれば、いつ彼女ができてもおかしくないんです。

だから最初はペアーズで、デート出来る状態の女の子を最低3人作りましょう

不動産営業をしていた時に、尊敬していた上司にこんなことを言われたことがあります。

月1件の成約が欲しいなら、最低3件商談が理想だ。

1件しか商談の予定がなかったら、

「絶対決めなきゃ!」って余計な力が入ったり、

ゴリ押しして嫌われて、その後の可能性すらパーになる。

恋愛と営業は同じです。

今月1件成約が欲しいのに、商談が1件しか無かったら、余裕が無さすぎて押し売り気味に強引に攻めてしまうと思います。

3件の商談があれば、1件断られても、ゴリ押ししなくてもあと2件あるので、心に余裕がありませんか?

「またご縁がありましたら。」

とサラッと引くことが出来ます。

そうなると、相手に悪い印象を残さないので、またチャンスが巡ってくる可能性もあるんですね。

デート出来る状態の女の子を最低3人作るのは、心の余裕を生みます

それに、あなたの自信にもなります。

プロ野球選手は、3割打てば一流プレイヤーと言われます。

10回に3回打てれば、一流ですよ?

イチロー選手も4,000本安打を達成した時に、

「8,000回以上悔しい思いをしてきた」

とコメントしています。

あのマイケルジョーダンも、

「私は9,000回以上のシュートを外し、300試合に敗れた。決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功したんだ。」

と語っています。

あなたの周りにいる彼女持ちも、恋愛経験が無い時から、数々の失敗をしています。

僕は、イチローさんやマイケル・ジョーダンに比べれば、失敗の数もミジンコクラスです。

それでも女性に困らないようになれたのは、挑戦して失敗してきたからだと思います。

プロが3割で一流なら、僕ら凡人は10回に2回成功でもいいと思いませんか?

失敗することには耐えられるが、

挑戦しないでいることには耐えられない。

マイケル・ジョーダン

まとめ

ここまで、

1.出会いが無い

2.恋愛経験が無い

3.彼女ができない

ことの打開策をお伝えしてきました。

最後に当記事をまとめます。

1.出会いがない

ペアーズで出会いを増やす

2.恋愛経験が無い

→ペアーズで10人とデートする

3.彼女ができない

→デート出来る状態の女性を、最低3人作る

周りが男だらけなら、まずはペアーズで出会いを増やすことから始めてみて下さい。

誰でも始めは初心者です。

では、健闘を祈る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です