さりげない気遣いができる人の習慣をマネすればいい

女性は外見のカッコ良さよりも、さりげない気遣いができる男性の方に魅力を感じていることをご存じですか?

さりげない気遣いができる男性はそのくらい女心に影響を与えます

気遣いが”できる人”か”できない人”かを見分ける簡単な方法があります。

「○○してあげた」が口癖の人は、気遣いができない人の可能性が高いです。

実生活では、勉強ができるIQの高さよりも、空気の読める視野が広い人の方が仕事でもプライベートでも、魅力的な男性だと評価されます。

人間には承認欲求があります。

承認欲求とは、「認めてほしい」「評価されたい」という欲求のことです。

承認欲求が強すぎると、さりげない気遣いとは真逆の、恩着せがましい押し売り的な大迷惑おせっかい野郎になってしまいます。

女性は優しい男性は大好きですが、感謝されたいだけのおせっかい野郎は大嫌いなんです。

“さりげなさ”は見返りを求めない心から生み出されます。

気遣いしすぎて疲れるという人もいますが、それはきっと相手を思っての気遣いじゃなく、自分を良く見せるための気遣いになっているのかもしれません。

本当に気遣いできる人は、当たり前に優しいので気疲れとは無縁なんだと思います。

さりげない気遣いをしたいなら…手本をみつけ、マネするのが一番近道

いいなと思ったら、実生活で実践してみる人が、上手くいく人。

さりげない気遣いができる人の習慣の先にあるもの。それは人間力

さりげない気遣いができる人は、見返りを求めず下心がない余裕が魅力的にうつります。

さりげない気遣いができると、仕事でもプライベートでも良い影響があります。

・上品な印象を与える

・ゆずることが出来る

・人を笑顔にできる

・人を癒すことができる

・思いやりや温かさを感じる

・人望が厚くて、頼られる

さりげない気遣いができる習慣を持つ人は、前向きな人柄で社会性を身につけています。

世渡り上手で、気さくな雰囲気の人が多いように感じます。

自分本位ではなく相手の立場を考えられるので、多くの人に慕われたり頼られたりします。

文化や貧富の差に関係なく、素直に聞き入れる心を持ち合わせています。

損得感情だけで判断しない器量もあるので、周りのサポートや支援を自然と受けてしまうんですね。

それは、彼らが先に「与える」からなんだと思います。

人の話をよく聞き、悪口や陰口は一切言いません。

普段から、周りの状況をよく観察しているので仕事や人間関係でも勝手に好印象を与えます。

気遣いはお金も時間もほとんど必要としません。

さりげない気遣いができる人の習慣を身につけると、人間力がアップして生活全体の質が上がります

さりげない気遣いが出来る人の習慣を参考にして、スマートな振る舞いを身につけたい

さりげない気遣いができる人の習慣を観察していると、3つの習慣があることがわかります。

・行動力

・観察力

・想像力

大きくわけるとこの3つです。

気遣いは持って生まれた才能ではなく、普段から意識して努力することで誰でも身につくスキルです

さりげない気遣いを身につけるポイントは、いい手本を見つけてマネすることです。

スマートな振る舞いをマネして、自分のものとして吸収すれば、少しずつ身につけることができます。

自分以外の相手やその場の全体を考えられるスマートな振る舞いができるとカッコいいと思いませんか?

気遣いは、押し付けがましくない”さりげなさ”が大切です。

“さりげなく”が案外難しいんですよね。

さりげない気遣いを身につけるには、凝り固まった頭ではなかなか難しいと思います。

グニャグニャの柔らかい頭で、自分の1つ1つの行動を見直しながら身につくものです。

時には、自分と違う意見や価値観を受け入れることも大事になってきます。

では、具体的にさりげない気遣いができる人の習慣を見ていきましょう。

さりげない気遣いができる人の習慣①自分から動く

さりげない気遣いができる人の習慣の1つめは行動力があることです。

特徴はいくつかあります。

・自分から笑顔であいさつする

・自分が力になれることは率先して手伝う

・お礼や感謝、謝罪も自分から

・相手の良いところは素直に口にして伝える

さりげない気遣いができる人は心のゆとり静かなる自信が感じられます。

自分から発信し、礼儀を重要視するので第一印象がとてもよく、気さくなイメージの人が多いです。

時には、気づかないうちに会計を済ませていたりして、人の役に立つことで満足感を得ています。

それに対して見返りを求める心などみじんもありません。

自分が良いと思ったことは、人の顔色を気にせず、自ら進んでやる。

感謝されればもちろん嬉しいですが、感謝されなくても構わないという態度なんですね。

だから、人によってはぶっきらぼうに見えたりしてしまいます。

さりげない気遣いの最上級は、相手にも気遣いだと感じさせないことなんだと思います。

気を遣われていると感じると、こちらも変に気を使ってしまうことはないですか?

本当に気を遣える人は、相手にも気を遣せません。

さりげない気遣いができる人の習慣②人をよく見る

さりげない気遣いができる人の習慣の2つめは観察力です。

さりげない気遣いができる人の特徴として、周りを常に見ています。

細かい変化にも敏感で、よく気づきます。

周囲を見るクセがありよく観察しているので、空気や状況を把握する力が自然と身につくんです。

・会話に入れない人に話を振り、全体が楽しい雰囲気になるよう配慮する

・困っていることがあれば助ける

・助けて欲しそうな時に、タイミングよく助けることができる

・手を出すだけではなく、時には本人のために見守ることができる

・人を立てることに気を配る

・相手を知ろうとする

・変化に気づき褒める

・感情的にならずに、冷静に物事を判断できる

・思い込みに縛られず相手の考えも尊重する

自分の考えだけにとらわれず、相手の立場も尊重できます。

人一倍観察しているので、変化を見逃さず褒め上手な一面も併せ持っています。

さりげない気遣いができる人は、変に好かれようとしなくても好かれてしまいます。

さりげない気遣いができる人の習慣③予測する

さりげない気遣いができる人の習慣の3つめは、想像力を働かせているということです。

さりげない気遣いができる人は、よく頭の回転が速いと言われたりします。

特徴として、普段からいろいろな事に頭を働かせているため、パッと先回りできるんです。

・記念日や誕生日にサプライズでお祝いする

・レジで店員さんにバーコードを見えるように商品を置く

・エレベーターの開閉ボタンを操作する

・コーヒーカップの取っ手を相手の利き手側に向かせて置く

相手の気持ちを100%知ることは、不可能かもしれません。

だから、自分がされて嬉しかったことを誰かにするように意識するだけでも、気遣いの出来る人に近づけます

さりげない気遣いの出来る人の近くには、必ずと言っていいほど、気遣いの出来る人がいます。

近くにそういう人がいると、手本がいるため普段から学べるんですね。

誰かから聞いたりしたエピソードでも、いいなと思ったら誰かに試してみるといいです。

誰かに喜んでもらえたことが、どんどん自信になっていきます。

車の「かもしれない運転」のように、「こうされたら嬉しいかもしれない」ということをどんどん実践していくことが大切です。

さりげない気遣いができる人の習慣をマネして自分のスキルに

さりげない気遣いが出来る人の習慣

・自ら動く行動力

・周りを見る観察力

・人を笑顔にする想像力

内向的な男性は、観察と想像は得意なはずです。

しかし、考えてから行動する慎重な面があるので少し苦手に感じるかもしれません。

誰かが困っている時に助けたいという優しさがあれば大丈夫です。

さりげない気遣いができる人は、見ない、言わない、気づかないの「3ない」に気をつけている人もいます。

特にネガティブなことは、気づかないフリをするようです。

例えば、しばらく見ないうちにちょっと太ったなと思っても、あえてそこには触れないようにします。

それを笑いに変えてくれる相手ならいいんですが、大抵の人は「最近太った?」と聞かれても嬉しくないからです。

良いことはどんどん気づいて口にする。

悪いことは、触れない。

見て見ぬフリをするわけじゃなく、触れなくていいものにはあえて触れないということです。

ふれた方がいいことと、ふれない方がいいことを見極められる人がさりげない気遣いができる人なんだと思います。

一般的に21日間続けたことは、習慣になると言われています。

気遣いは一朝一夕で身につくものではありません。

日頃の意識と努力の積み重ねが必要です。

さりげない気遣いを突き詰めていくと、ゴールはないように思えます。

しかし、気遣いができるとあなたの周囲からの評価が上がるだけでなく、人間関係も円滑になります。

類は友を呼ぶという言葉の通り、自分の周りには不思議と自分に似ている人が集まってくるものです。

自分の気遣いレベルをアップさせれば、結果的にあなたに気遣い上手の人が集まってきます

そうなれば、恋愛以外の人間関係のストレスもほぼなくなります。

さりげない気遣いのできる人が周りにいない場合は、ネットで調べればいくらでも情報があります。

もし今、人間関係でストレスをいっぱい抱え込んでいるなら、自分の心の持ち方を変えると周りの人の見え方も変わってきます。

賢い人は歴史に学ぶと言われます。

多くの偉人が、世界や周りの人を変えたいなら自分が変わる必要があるんだと教えてくれます。

何事も率先して、自分から変わろうと動くことです。

性格はそのままでいいので行動を変えていくイメージです。

自分が変わったことで、それに影響を受けた身近な人が変わっていくのを僕は何度となく見てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です