セックスに自信がない男性に彼女が出来ない理由と解決策

男としての自信には2種類あると思いませんか?

またフラれました。彼女が欲しいんですが、全然出来ないモテない負け犬です。男としての魅力がないんでしょうか?

彼女が出来てもセックスで満足させられる自信ないし、嫌われたくないので断っています。アソコも大きくないし…。

セックスのやり方や女性を感じさせる技を、どうやって磨いたか教えて下さい。

1つは、『彼女を作る自信がない』。

もう1つは、『セックスで彼女を満足させる自信がない

今回取り上げるのは、上記の2つの悩みについてです。

『彼女を作る自信がない』時は、ちょっと可愛いなと思えるレベルの女の子にビビってしまいます。

『彼女を満足させている自信がない』時は、関係を続けていく上で、いつ他の男に取られるかビクビクしなければいけません。

男としての自信を高めるためのカギは、会話力セックスコミュニケーション能力です。

男としての自信と余裕が女性の心を動かす

男としての自信は、彼女を作り関係を継続させるために必要不可欠です

自信をつけるには、まず知ることです。

人は知らないことに恐怖を感じます

子供の頃オバケが怖かったのは、オバケがいると信じていたり、見えないからだったり、いつ出てくるかわからないから怖かったんです。

受験などで初めて訪れる場所も、知らない場所だから不安になって、心に余裕がなくなります。

でも、試験に受かり3ヶ月も住めば、不安もなくなりいつもの場所に変わりますよね。

何かを習得する時は、『知る→覚える→動く→考える』の順番を守ると上手くいきます。

自信があるの反対は、不安しかないことです。

不安を消せば、自然と自信がある状態になれます。

不安を消すためには「知る」ために知識を入れることが最優先事項です。

「彼女を作る方法」や「女性を感じさせる方法」の”知識がある”ことが、心に自信と余裕がある状態です。

男としての自信が、魅力的な男と恋愛対象外の男との分かれ目

男としての自信があると、ビビらずアプローチすることが出来ます

自信がないと、女性にビクビクしておどおどした印象を与えてしまい、恋愛対象にすらなれません。

自信があると、「余裕のある男」「器の大きい男」という印象を与えて、女性の目に魅力的にうつります。

よくある勘違いの1つとして、「積極的な男性がいい!」という女性の声を聞くと、「そうか!もっと積極的に誘った方がいいんだ!」と思ってしまうことです。

そして、デートに誘ったり、LINEをしているうちに、いつの間にか女性の反応が悪くなってしまうのは、よくあるパターンじゃないでしょうか。

「え?積極的な方がいいんじゃないの?」

と思ってしまうかもしれません。

しかし、女性の言葉には重要なことがはぶかれています。

「(私が好きな男性は)積極的な方がいい!」ということです。

好きでもない男性に追いかけまわされるのは、ストーカーと同じです。

このような勘違いは、モテない男性の業界ではよくあります

僕もその中の1人でした。

悲しい勘違いをして、悲劇を繰り返さないためには、知識が必要なんです。

自分の心も身体も気持ち良くしてくれる男性に、女性の心は動きます

女性が本能的に求める男性

恋愛は弱肉強食の世界です。

モテる男に女性が集中します。

女性は本能的に「守ってもらいたい・頼りたい願望」があるという話を聞いたことがあると思います。

本能的に強いオス(男性)を求めているのです。

筋トレすればモテるというのは、女性に外見的にわかりやすくアピールできるからです。

筋肉増やすだけではモテませんが…。

身体を鍛える過程で身につく、精神的な強さも加わります。

それが女性に「この人なら私を守ってくれるかも」という錯覚を起こさせます。

引き締まった身体は、自己管理能力の高さも同時にアピールできるため、身体を鍛えて損はないでしょう。

そういった強さや能力の高さが女性の尊敬を集めます。

「尊敬できる」というのは、好意を持ってもらいやすい1つの大きなポイントです

彼女を作る過程において、自分磨きは欠かせない存在なんです。

“前向きに努力している”姿勢こそが尊敬を集め、自分の自信にも繋がります

外見は内面の一番外側

彼女を作るのに、イケメンである必要はありません。

イケメンじゃないから、女性に相手にされません。

こういう男性は、大きな勘違いをしています。

僕も昔は、「イケメンじゃないから」という言い訳をしていました。

でも、彼女を作ることに顔が整っているかどうかは、ほぼ無関係だということを実感しています。

イケメンが有利であることは確かです。

彼女いない歴=年齢、童貞の時には実感しずらい感覚なんですが…。

僕もそうだったんですが、童貞の時ってどうしてもこのようなサイクルに陥ってしまいます。

童貞→バレたら恥ずかしい・嫌われる→不安になり、消極的になる

しかし実際の調査では、84%の女性がこのように答えています。

女性経験が無くても、恋愛対象になります。

好きになっちゃえば、そんなの関係ありません♪

イケメンかどうか・童貞かどうかも、女性があなたを”好き”だったら、関係なくなります。

しかし、81%の女性が「童貞はなんとなくわかる」と答えています。

女性は、超能力者なんでしょうか?

なんとなくというのがポイントです。

それは、「童貞っぽいか」「童貞っぽくないか」。

服装や姿勢などの外見にもあらわれます。

一番童貞っぽさがあらわれるのが、会話力です。

お笑い芸人のようなトーク力がなくても、職場でちょっとした世間話ができる程度の会話力があれば、間違いなく童貞っぽさは消えます。

そして、恋愛対象にもなれます。

対象にはなれますが、それはまだ競争の始まりです。

彼氏になろうと思ったら、その女性が恋愛対象として見ている男性の中で一番になる必要があります

恋愛で二番はダメなんですよ。

一番の男性に彼女ができれば、女性は妥協してあなたに目を向けてくれるかもしれません。

一番になるのは、意外と簡単で会話力を磨けばいいだけです。

ほとんどの男性は、「なんで彼女ができないんだ~」と思っても、お金を払って何かを学ぼうという発想に至りません。

ここが周りの男性を出し抜き、圧倒的に選ばれるようになるチャンスです。

女性を喜ばせる会話について、真剣に考えている男性が少ないからこそ、それが出来る男性がモテてしまうというのが現実です。

バカにされるかもわかりませんが、僕は会話力を恋愛商材で学びました。

「知らない→知っている」状態にしたことで不安が減りました。

何かを習得する時は、『知る→覚える→動く→考える』の順番を守ると上手くいきます。

バンバン笑いをとったり、飲み会でガンガン話を振って場を盛り上げるトーク力なんかなくても、そこそこの会話力で女性の心はつかめます。

その女性がこれまで出逢ってきた男性を超えるには、お金を出して学ぶことが一番の近道です。

他の男性と確実に差別化できます。

ネット環境さえあれば誰でも見られるような情報は、誰もが活用できてしまいます。

しかし、有料情報を手に入れる人は10人に1人いるかいないかです。

実際僕が手に入れた教材は、購入率0.19%です。

500人に1人でした(笑)

このような情報を持って活用するだけで、「今までにないタイプ」と思われ、女性の心をグッと引きつけられます。

会話力こそが、彼女作りのカギであり、今後女性に困らない男になる必須のスキルです

会話とセックスに自信を持っている男は強い

会話力は、彼女を作る時に一番威力を発揮します。

では、セックスに対する自信はどんな時に威力を発揮するでしょうか?

セックスに対して根拠のない自信を持っていても、裏で「いつも自分だけ気持ちよくなっている男」として女子会で酒のつまみにされるだけです。

セックスは、女性1人1人に合わせていく必要はありますが、それはギターのチューニングのようなものです。

女性の身体の基本構造は同じなので、基本を理解していればあとは微調整だけです。

この基本を”知っている”か”知らないか”が大きな分かれ目なんです

「まだ経験がない時は、初めてなんだから自信を持てないのは当然だよ。」

というのが、世の通説です。

これは、半分合っていて半分間違っています。

僕は自信とは、知識と経験で出来ていると思っています。

知識も経験もないのであれば、自信がないのは当然と言えるでしょう。

知識がなくても、経験することで自信に繋がるのは、あなたも実体験から想像できるんじゃないでしょうか。

では、経験が無いけど知識がある状態は、自信に繋がらないのでしょうか?

もちろん経験が無く、知識だけある状態で始めから上手くいく保証はありません。

ほとんどの場合は、上手くいかないでしょう。

経験は経験することでしか埋められないからです。

しかし、自信に繋がるかということで考えれば、知っていることは自信に繋がると言えます。

「期待と不安に胸をふくらませて…」って言いますよね?

この時、不安100%だったら足がすくんでしまいませんか?

少なくとも、期待があるから前に進めるんじゃないですか?

不安を消し、期待を高めるのが知識です。

「どんなことをしている会社で、将来自分には社内でどんな役割が与えられ、どういった人の役に立てるのか。」

「職場の雰囲気はアットホームか?」

「職場の男女比はどうか?どの年代が多いのか?」

まだ会社に入る前に、こういった情報を集めるのは何のためですか?

自分の人生に関わる仕事を選んでいるという面もありますが、自分の中の不安を少しでも打ち消しているという側面もないですか?

そして集めた知識で、ある程度不安が消えたら「ココならやっていけそうだ!」「この仕事に挑戦してみよう!」と自分にOKを出せるんじゃないでしょうか。

知識は増やせば増やすほど、不安は消えます。

もちろん経験でしか埋められない部分もありますが、知識で消せる不安は事前に消しておくことで、ビビらず女性の身体に立ち向かっていけます。

セックスにある程度自信を持っていれば、「浮気されるんじゃないか」、「いつか別れを切り出されるんじゃないか」といういらぬ心配をしなくてすみます。

男としての自信があれば女性はネコになる

かなり乱暴な言い方をすると、女性はネコを飼うように扱うのが良いと思っています。

犬は従順で賢いです。

しかし、女性に置き換えるとどうでしょう。

首輪をつけて自分の目の届くところにおいて置き、女性が出掛ける時にはついて行くと考えると、それは女性を束縛していることになります。

これでは、女性は自由を奪われだんだんその男性と一緒にいるのが苦しくなるんじゃないんでしょうか。

反対に、ネコはどうでしょう。

首輪でつながなくても帰ってきます。

極端な話、「帰ってくるな。」と言葉で伝えても、帰ってきます。

ここには、「絶対自分のもとに帰ってくる」という信頼があります。

「もしかしたら、今日は誰かの家にいってしまうかもしれない」という不安はみじんもありません。

女性に対しても、このような信頼を持てていれば、関係を続けていく上で不安もありません。

もちろん放置していれば、いつかあなたのもとを去っていきます。

女性に対して、「絶対自分のもとに帰ってくる」という静かなる自信はどこから来るのでしょうか?

それが男としての自信の源の「会話力」と「セックス力」です

会話力は、女性との関係を始めたり、日常で喜びを与える技術です。

セックス力は、女性をしっかりとつなぎとめておく役割をする技術です。

性欲は、3大欲求と言われます。

本能には逆らえません

言葉でつなぎとめるよりも強力です。

この2つのさえしっかりしていれば、女性に対してビクビクすることはなくなります。

「技術」といったのには理由があります。

何歳からでも、才能を必要としない誰でも身につけられるものだからです。

僕は、決してハーレム状態のモテ男ではありません。

でも、女性に困らないようになったのは事実です。

もし、妻と別れても(ないと思いますが…)すぐに新しい女性を、彼女にする自信を持てるのは、2つの技術を学んだからです。

お金は奪われて失うことがあっても、知識は誰にも盗まれないんです。

唯一、技術が失われるのは”使わない時”です。

しかし、安心してください。

会話を普段使わないということはありません。

常に彼女がいる状態で、彼女を満足させていればセックスレスになりません。

むしろ、せがまれますし、「なんでしてくれないの?」と怒りだします。

会話力」と「セックス力」の2つを身につければ、男としての自信を手に入れ、精神的に無敵状態のメンタルになれます。

恋愛商材に50万以上かけたバカな僕が断言します。

会話に関する優れた教材1つ、セックスに関する優れた教材1つ。

これだけで、多くの男性を一歩も二歩もリードし、女性に困らなくなります。

「自分に合う教材はどれかな~」とネットサーフィンするより、1つの教材をとことんまで深く学んだ方がモテるようになるのは、事実です。

実際、多数の教材をランキングにしたり評価しているサイトもありますが、「そんなに多くの教材を客観的に正しく分析できる人がどれだけいるのかな?」と疑問に思うこともあります。

あなたが「なるべくお金をかけずに恋愛が上手くなりたい」と思っているなら、1つに絞って学ぶことが今の状況を脱する唯一の近道です。

【世界的投資家ウォーレン・バフェット】

何よりも自分自身に投資しなさい

【元アメリカ大統領ベンジャミン・フランクリン】

知識に投資することは、常に最大の利益をもたらす

【フォード創業者ヘンリー・フォード】

年寄りは若い時に貯金をしろと言うが、それは間違っている。

自分に投資しなさい。

私は40歳になるまで、1ドルたりとも貯金をしたことがない。

財産は来るもので、作るものではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です